「北極星を目指して」 (左脳のひらめき)

I'm your polar star in the journey of life.

カテゴリ: 銀の風 (霊能力)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
吾峠呼世晴
集英社
2016-06-17

まさか、長編になるとは、全く予想してませんでした。 


こんばんは。

基本的なストーリー仕立てとしては、その1とその2について読んでいただけると助かる。

まずは、先週土曜日、いい気になって夜遅く帰宅しようとしたら、帰るメールを打った時点で、主人よりメールがあった。

「客が居るので、早く帰宅しろ」

そもそも、客の予定はないので、誰かと尋ねたら、もごもごしている。電車は飛び込む人が多かったせいで、ダイヤも乱れ気味だったので、出先の新宿高 島屋から、タクシーを拾った。いつも、高島屋かと聞かれると、高島屋は好きだ(笑)。ただ、あの新宿高島屋を見ると、雑多な感じがしてすごく好きだ。

それで、気分を害しながら、タクシーに乗り、携帯で主人と会話していた。

「客って、君の客か?」

「うーん。正直に言えば、僕の客というか、僕の知り合いで、困ったことになっている。」

「それで、なんでわたしは早く帰らなきゃいけないんだね?」

「それが、僕の知り合いが、いきなり電話してきて、君に会いたいと。」

「誰だね。そんで、どこで待っているのかね。」

「いや、君には話したことのない人だから、名前は言ってもわからない。一応、うちの近所で待っている。僕もそこにいる。」

「女性かね?」

「いや、男性だ。」

「ますますもって、用はない。」

「いや、僕もそう思う。だけれど、相手がどうしてもと頼むので、しょうがない。」

 

・・・・・・・・・・何だろうと思って帰宅し、帰宅してカバンを置いて、その待ち合わせ場所に行った。

 

男がいた。

 

主人は恐縮して、この人は知り合いなんだが、と言いながら、菓子折りをわたしに見せた。

 

わたしは、「あの・・・CCの家内でございますが、いつも主人がお世話になっております。ただ、わたくしは、あなたに要件を言われる覚えはないのですが。」

「実は・・・・」

相手は、言いにくそうに切り出した。

 

聞いてみると、朋という霊能者を探しているそうで、その霊能者は、もう、口コミベースでしか仕事を受けないらしい。念のため、メールも送ったが、返 事は来ない。なので、顰蹙承知で、朋が、CCさんの嫁さんだとあたりをつけて、勢いできたという。来たいという旨を聞いて、主人は、明らかに嫌がったが、 なんせ、相手の尋常ならぬ態度に、思わず、いいと言ったらしい。

なんという、飛び込み。

 

人身事故真っ青の状態で、既に、奥さんであるわたしは表情が硬い。

それもその筈である。その人は、変なものを背負っていた。

 

いや、あなた、こんな手土産を持ってくるなら、別の霊能者が喜んでやってくれるでしょう。別にわたしである必要はないでしょう。喜んでやる人多いで すよ。そういう話をしたら、他の人は取ってはくれる。けれど、いつもいつも、結局は、また同じ目に遭う。それで確実な方法でという話になって、その方の奥 さんが、スピ好きで、こういうブログを書いている人がいる。

顔写真を見たけれど、見たことがある。だから、飛び込んじゃえということで、手土産持参できたらしい。

 

えらい迷惑である。

 

とにかく、その日、わたしは、別の人の事もやってて、かなり忙しかった。それで、明日でもいいですか?と聞いてみたら、今日しかないという。なんでか聞いてみると、明日フライトなんだそうだ。

 

なんだ、出張土産かと聞いてみると、そうらしい。

 

それで、とりあえず、よく見たけれど、全く、グログロで、わけがわからない。昔、見たことのある、妖怪に似ている。ただ、わからない。でも、体力回復したらやりますって、そんな悠長なことでもなさそうで、フライトに飛ぶ度に、行き先で大変な目に遭うという。

 

「それ、取れてないんじゃないですか。他の霊能者さんの悪口言うわけじゃないけれど。」

「そう思うんですよね。ちゃんとできているなら、取れているはずだし、やってくれた人は、問題ないって言うんですよ。」

「問題ないって言う人に、責任とってもらいなさい。それでは、失礼します。」

「いや、問題ないっていう人が、普通は責任取らないでしょう。だから困るんです。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かなり空気が澱んだ。

 

しょうがないので、取った。

 

取ったけれど、これ、なんでどこから来たんだろうと思った。

返しようがないじゃないの。

 

そんなことを考えて、取った話をしたら、当人は、感覚的にすっきりして、飛行機に乗れるという。

 

なーんで、亭主から、割り出したのかなーって考えながら、このお礼は、出張後必ずと言い張るその人を追い出して、家に帰って寝た。

 

続く

 


小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。
原田 剛
ワイヤーオレンジ(インプレス)
2014-11-29

奥さん、息子さんにナスを売らせるのではなく、ご亭主か自身が、棒にナスを刺さないといけませんぜ。 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ポムポムプリンの『パンセ』 信じる勇気が生まれる秘訣 (朝日文庫)
朝日新聞出版
2015-04-07

自分を知ると、信じる勇気が生まれてくるよ。神様より、ご霊験あらたかだから。自分自身って。でも、ストイックになる必要はあるんだよ。

こんにちは。


自分でも思うんですけれどね。エネルギーとか、神とかって、半分以上の人は、それに繋がれたことの「選民意識」ってありますよね。

ご利益もそうですが、実際に、本当に祟られていて、凄く大変な家ってのは、実はそんなにないんですよ。でも、わたしの婚家なんかはそうですが、あれは、どういう訳か、触った時に凄まじい悪寒と、凄まじい粗い波動をしておりました。

基本的に、このようなものに対して手で触ることは、こういう道を歩まれる方には、心得として知っていて欲しいのですが、触ってはなりません。直に手 で触ることは、あまりにひどい場合には、正直に言えば、色々害もありますし、思っても見なかった歪の中で、返り矢として自分に跳ね返ってくる恐れもありま す。

ですが、わたしが、なんでも触ってみて識別していたのは、実は理由があります。

わたしは、学生の頃、放射能の生体検査をする上で、放射線取扱を学んで講習も受けました。無論ですが、わたしは理系ですので、学科のカリキュラムの 中では、ゴーグルを着用して、「目」を守りながら、マニピュレータにて、実験をすることもあります。ですが、その当時から、実はわたしは、ゴーグルが嫌い で、講師に何度も注意されても、ゴーグルをしませんでした。ついでに言えば、濃硝酸と濃硫酸の実験の際にでも、濃硝酸も濃硫酸も、素手で触っておりまし た。

触ったので、手を拭こうと思って、白衣で手を拭いておいたら、白衣がボロボロになりました。

それで、暫くの間、わたしは、こんなずさんな実験の中で、指紋が薄くなることがありました。講師も、メンターも、わたしに対して呆れ顔で、放射能の 実験の際には、ついに、放射能は目に見えないと、散々父親に言われていたにもかかわらず、放射能物質を、真上から覗きこんでしまいました。それにて、胸に つける被曝バッチが、一瞬にして黒くなってしまいました。

父は、それを聞いて、「お前には、放射能に関してどういう拡散をするかは計算ができても、実際の放射能を使用しての研究は無理だ」と言いました。同 時に、その当時の研究室の教授も、講師も、わたしのずさんさには呆れておりまして、ついに、犬の生体解剖を行う際には、フィラリアが寄生している血液で、 その犬達は、フィラリアが、心臓を侵すんですね。心臓から、やけに草が生えていると思っていたら、実は、成長したフィラリアであったと言うことで、ラバー の手袋もハメないわたしに、教授は深くため息を付き、君は、安全な生体解剖を行なって成果を出せと言われる始末でした。

そういうずさんさがあったがために、わたしは、心霊の分野においても、手の感覚というものを大事にして来ました。

全く、波動を感じないこともあるし、粗い波動で苦痛を感じることもありました。そして、その中で、自分なりに処理してきたのです。これは、ある意味 であれば、わたしには、現時点もブロックできるほどのお助けグッズの供給先をいつも確保していたことも、安心に繋がりました。しかし、お助けグッズが間に 合わなかったときは、持ちこたえるのには苦労をしました。

ですが、通常の方々の感覚などでは、そこまでお助けグッズを、頻繁に買う必要ないと思います。無論ですが、エネルギーを覚えればいいという事ではあ りません。わたしは、結構後ろの担当者が変わるのですが、実はその担当者に馴染むまでに凄く時間がかかります。なので、あまりに早く駆け抜けていった理由 の一つとしては、それだけ、わたしが昔から悩んでいた問題が多かったという理由になると思いますし、誰も、教えてくれない中で、自分なりに解決策を考えな くてはなりませんでした。

なので、わたしは、わたし独自法を開発しておりますが、わたしの講座生であった「女子会」のみなさんは、全てが全てこの方法で習っているわけではあ りません。わたしは、わたしの手痛い反省点を踏まえて、女子会の人に伝えていますし、他にある程度教えている人にもそのように当たります。

決して、わたしの方法が沢山の人に汎用性があるとは思えません。わたしは、割と度胸があるので、なんでも素手で行きますが、汎用性はありません。

また、ついでに言えば、巷で習っていらっしゃる方で、講師に何かしらの疑問を生じた場合には、そこの見解の違いについて、離れていくのもひとつの手 です。講師は少なからずパーフェクトではありません。講師のやり方が全てではありません。教える中で、疑問を持ったら、一旦距離をおくことも大事です。

 

そして、ずっと訳がわからないけれど、同じ事を延々とさせられる人に関しては、その分野に関して、技を磨くのは、単なる努力じゃ出来ません。気が狂 うほどの努力の中で、少しずつ会得していくこともあります。ですが、同じ事を延々と課題として与えられる講師の人に対して、人間性に疑問を持ったら離れる のも一興です。また、講師当人の未熟さも、予め了承しておくことは必要です。

延々と行わせる講師に不満を持って、相談に来られる方が以前多かったのですが、一言言わせていただければ、我慢や堪え性がない人が多かったり、即、 有名になることばかり夢想して、地に足がつかない人、また、自身の既にお持ちの既成概念に囚われて、それを吹聴したいがために、講師の門をたたく人もいま す。

つまり、自分が有名になる足がかりとして、講師を利用したに過ぎない人もいるのです。

既成概念や、既にお持ちの持論を展開したい人は、謙虚さに欠けています。この道は、謙虚や学びを柔軟に取り入れてこそ、花開くものです。持論で有名 になりたい人は、そもそも、最初からご自身でおやりになればいいのです。その持論が、一般ウケするのか、大衆ウケするのかはわかりませんが、少なくとも、 上から目線であることは確かです。

どんな境遇の人からでも、学び取れるだけの柔軟さと、謙虚さがなければ、エネルギーなんて意味が無いですし、持論を振りかざしたいのなら、師匠なん ていらないんです。そして、自分の境遇を嘆く人。これも、向きません。境遇は、努力して、幸せになってこそ、人に対して説得力を持ちます。

ですので、不満や不平や、体型のだらしなさや、生活のだらしなさは、必ず、外見に表れます。

そこは、ご自身で鏡を見たほうが早いです。

 

ですが、何度も言いますが、何故、これをずっと続けさせられるのだろうという、疑問に対して、自身で答えが分かるまでは、その方は伸びません。

 

お寺などでは、下働きからずっと上に上がるまで、長いことかかります。つまり、何故こういうことをさせられるのか、こういうことから何が学べるの か、こういうことをさせられる必要性について、自分が自分で答を見いだせるようになるまでは、そのままで修業を続けることとなります。

 

人間は、思考してこそ意味があります。自分のしている何気ないことが、いつしか大きく実りを結ぶまでには、色いろご苦労があるとは思いますが、不平不満だけではなく、足りないものを自覚するためにしているんだという事は、ご納得いただきたいと思います。

 

その中で、これは流石に、医師法薬事法違反だなとか、ギリ法に抵触とか、疑問があったら、距離をおいてください。

 

という訳で、修行の心得でございました。

 

 

 

中二病でも恋がしたい! (KAエスマ文庫)
虎虎
京都アニメーション
2011-05

ティーンエイジの恋は簡単。「体」さえ出せば、成立する。でも、ピュアな思いを大事にしたいとか言い出すと、中々需要と供給はマッチしない。
大人の恋はもっと面倒。「資産」「家柄」「容姿」「スパイダーフラッシュローリングサンダー」(苦笑)
ちょっちょっちょっちょちょっと待て、鬼さん。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

欲しかったら買えばいいし、欲しくなかったら無理に買う必要はないと思うの。
こんにちは。


パワーストーンについてよくお問い合わせがあるんですが、基本的に高価なパワーストーンは即決で買うことをお勧めしません。

わたし的には、10万って、即決価格なんですが、それでも、これを毎月払えって言われたら、やっぱりしんどいですし、そういうループの中に入ってしまった際には、非常に苦労したことがありました。

エネルギーってパワーストーンにもあるんですが、基本的には、お店で体感する凄さと、自宅で体感する凄さってのがありましてね。お店で体感したもの が、自宅で得られないってのは、無意味だと思うんです。そもそも、何度も何度も見に行く楽しさってありますよね。何度もいいなーいいなーって見て、そし て、ある日、ふとした収入を得て、買うことができたっていう喜びは凄く嬉しいものなんですね。

でも、ノルマがあるような形で、買え買えって案内されるのはさすがに辛いし、即決で買えって言われて買った後の後悔ってあると思うんですよね。

わたし、以前、パワーストーンを買いたい人に付いて行って、あれこれ選ぶって手伝いをしてた時がありました。

ですが、わたしには分かる良さも、分からない人にはわからないんです。でも、それって仕方ないんですよね。それで、凄くいいなと思うんですが、基本 的に、大体ついていく場合には、もう、相談者には予め心のなかにビジョンがあるんですよ。こういうものだとか、あんなものとか。

あとは、「わたしに(宝石商法で)騙されるんじゃな いかな」って思うこともあるでしょうね。だから、欲しい人が身構えてしまって、結局はお買い物をした際に、いい買い物だったと、わたしは思う時があったとしても、大体 は、その後、ずっとこれでよかったのか悩むというメールを受けて、疲弊したんですね。

だったら、自分で選べばいい。それも、即決で買う買い方じゃなくて、そういう人は、何度も何度も足を運んで目を養うことって大事なんだと思うんですよ。

そもそも、わたし、婚約指輪になっているアクアマリンは、初めて宝石店で買うものではなかったんですが、あまりに品質の悪い石を「値段」や「大きさ」で選んで買 うわたしに、母が怒り狂ったのですよ。それはドブに捨てていると。なので、目を肥やせと言われて、アクアマリンをそれこそ、沢山見に行きました。最後、 いいなと思ったものがありまして、だけれど、当時の婚約者の主人のボーナスは、12月に出るので、それまで、「売れないように」って神様にお願いして、お願 いしながら、よくその店に通って、通い倒しているうちに、あんまり売れないせいか、主人のボーナスが出たその日に、半額になりましてね。

ここだって思って、買ってもらったのが実は、私の宝石道楽の始めなんです。

それは、今も満足していますし、手放すつもりはないほどの素晴らしさ故、あまり人前につけていくことはないです。

また、他に、目を肥やして肥やして買っていくうちに、なんとなくわかった石のエネルギーについて、興味本位で、勉強のつもりで買ったことはありまし た。でも、正直に言えば、金は凄くロスしましたし、そもそもかなり経済力があった中の小遣いの部分で購入しているけれど、現実はお小遣いを全額パワーストーンにつぎ込めないですよ。

パワーストーンを買う前に、わたしは、息子の母であるためのプロトコルであるスーツや、バッグや、真珠や、色々なものを購入しなくてはならなくて、ソッチのほうが忙しかったんですね。なので、出来る範囲は少なめでした。

ローンを組んでまで欲しいと思うモノはほとんどありませんでした。


ただ、漠然ながら、そもそも、元々、欲しいものに対する漠然たるイメージが合ったので、そのイメージに合った時には、遠慮なく即決。だけれど、イ メージに合わないものを買わされることもありましたしね。それでも、それを肥やしにするだけのわたしであったので、比較的、似たような同業者の中から、遅くにスタートして、とっても早く抜けていってしまったのではないかと思うんですよ。

わたしも、心理学を習い始めた頃は、教科書の中身は宝の山でした。ですが、それが、ほんの3年で、教科書は薄っぺらだなと思うようになったんです ね。要は、わたしはそれだけ、色々なことを病の中でありながら、勉強したんです。気功もそうですし、エネルギー関係もそうですね。なので、抜群の速さ で駆け抜けていく中で、ドカ買いってのは、自分ならではできたことだと思うのです。人には怖くてお勧めできません。

前に、わたし、マーキース型のダイヤを即決、ピアスも即決で買いました。他に即決したものもあるんですが、殆どは、イメージして欲しいなあと思って から、大体3年以上は経っています。マーキースは、以前ある人について行った際に、その方がマーキースの形の石を購入されたんですね。いいなぁなんて思い ましてね。それから、ひょんな事でお目にかかった異業種(占い関係の方です)の方が、マーキースのイエローダイヤをされていて、いいなぁなんて思っていま してね。

そもそも、マーキースは、カットしてロスが多いカット法なので、あまり出ないし、出ても値段が高いのですよ。

それで、それが、たまたまクラフトマンの店に入荷した途端ですかね。即決でした。即決に結びつくまでに、3年でした。結構、自分の中で、色々考えていて、意外と無茶な買い方をしているように見えて、意外と、構想何年って話が多いんです。

また、先日、あるダイヤを購入したのですが、それは、5年前ですかね、ある方の着けて来られたダイヤを拝見した時、あまりのショックに固まったんで すよ。なんだろう、これは。こんな凄いクォリティの石を下げておいて、他のどうでもいいような石が欲しいとか言うべきじゃないだろうと。それで、その方は、どうしても何かを買いたかった。何度も何度も、止めても、止めれば止めただけ、当人の中には不満が募る。なにか買いたい。だけれど、当人が選んだのは、いきなり50万。流石に、訪問販売と違い、宝石は中々クーリングオフが効かないので、必死に止めたんですが、それでも、20万の石でお金を使いたいと言う。

結局、「何か」を買いたくて、その買い物をしたかっただけで終わったんですね。というか、そもそも、お持ちのものの凄さに気が付かないのは惜しいこ とだなとは思いましてね。それで、まぁ、羨ましかったんですよ。その方のお持ちのものがね。それで、いつかはそういうものが欲しかったのですが、わたしには、中々機会 がなく、今回、一ヶ月悩み倒して、やっと購入に結びついた石ってのもあるんです。それでも、即決できなかったんですよ。

それでも、その石、わたしにとっては、結構即決価格じゃなかったんです。だから、悩んだんですよ。

それで、売れちゃったら縁がないんだなって思って、何度も見に行って、そして、売れないところを見て、ある日、いきなり、買える環境に整ってしま い、初めて買うって言い出したんですね。それを見て思ったんです。これが着たら、恐らく、自分が今の状態より変わるだろうなと。それで、とっても不思議な んですけれど、わたし的には、凄く嬉しい出会いにもなったんです。

即決したわけではなくて、何度も何度も見に行っただけに、特に思い入れは強いですよね。

それで、思うんですが、無理だなって諦めることって必要なんですよ。

日本ってブランド志向で、無理して背伸びしてブランドを持って、ブランドを持つ自分にふさわしくなろうとする所あるじゃないですか。これは、所謂、 ブランドを売る戦略の一つなんでしょうけれど、日本人の中のブランドって、ブランドを持つ自分を少し上に設定して、それを持つことで、少しずつ上のス テージに自分を引き上げようと思う願いで、購入することが多いと思うんです。ブランド信仰ですね。

ですけれど、時々見ているのは、息子の友人の母親は、競うようにしてハイブランドの新作を持ちたがり、競うようにして、自分の持つブランドの流行作や、新しいブラ ンドが出たら、即買って見せびらかすランチを催す。これは、物こそ違えど、パワーストーンを競うようにして買いたがる人と同じなのではないかなと思うのですよ。バーキンがどれ程あって も、正直、人生はなんにも変わらないです。これは、パワーストーンも宝石も同じです。


問題は、如何にして、この生活に必要ないものを売るのかという事が売り子さんには大事なんですよ。


でも、好きなものは好きですしね。買える人は、毎回バーキンの新作を注文しますし、世の中、日本の中でも桁外れの方々もいるので、そもそも、そういう人は、こういう思考では購入していないんです。何かを持つことで、「あやかる」とか、「ワンランク上になる」という思考では購入していないんです。

 

でも、巷のパワーストーンは、基本的に、持つことで自身がワンランク上を狙えるようにという願いと、「幸せにあやかれますように」という願いでほとんどの方は購入されます。ただ、単に好きなんだってだけじゃ、ないんですね。幸せにあやかる場合には、正直に言えば、当人の思うご利益は、いつも「価格と比例」して いると思います。ほとんどの方は、「高価=効能がある」と思うケースが多いです。見料のお値段が高い霊能者に行ったからって、腕が確実とは言えません。「高い=確実である」という 公式は、spiritualでは、成り立たないのです。

本当に好きで、元々探していたとか、そういうのではない限り、即決で買うことに関しては、わたしは、難しいなと思いますね。

 

「幸せにあやかる」ことは、金では買えないんです。

 

本当に幸せになる事は、金では解決つかないんです。そこを履き違えている人がすごく多く見受けられるんです。本当に幸せになるには、少なくとも、当人の血の滲むような努力が、99.9%は必要です。あとの少しで、奇跡が起きるんです。でも、それだって、いつも報われないからこそ、あなたは悩むんだと 思うんですよ。

 

幸せや、エネルギーは、金では買えないんです。

 

そのことに気が付かない内は、ゆっくり焦らず自分のペースで進んでいくと良いと思います。万人から見て、「幸せは、いつも同じ形をしていません」。

だからこそ、金で解決しようと思った自分の浅ましさをわたしは、やはり恥じるべきものだと思いますし、そういう浅ましい自分が、今、どうやってここ まで到達したのかって、いい道標にはなると思い、軌跡を残しています。本来、ええかっこしいのわたしなので、黒歴史は、全部削除したいところなんですが、 黒歴史から学んでいける部分って、後に続く人には役に立つかなと思い、自分の反省を含めて、残しています。

それで、今でこそなんですが、思えばあの時、ものすごいスピードで駆け抜けて行きました。しかし、見解の相違で、わたしは、ある宝石店から離れるこ とにしましたし、今のクラフトマンと、ゆっくりとデザインを練ったりして遊んでいる方が性に合うと思っています。ついでに言うと、今、わたしは、わたしの 中で、空前絶後のダイヤブームなんです(苦笑)。

まぁ、もう、ある程度、職場にしていけるものは揃えたので、必要ないかなと思うんですが、普段用を探して作っています。ワンランク上とかじゃなくて、これは資産だよなと思いつつね(苦笑)

ですけれど、持ったことでワンランク上を目指すのだとしたら、それは、ご自身で見極め、焦らず探すほうがいいと思います。ふとした拍子で見つけたのなら、それは即決もいいでしょう。

わたしも、欲しかったけれど、機会を失って購入しそこねたものなどがあります。でも、それは、縁がなかったんだって思っています。なので、「幸せに あやかる」というものであれば、余計、一手間二手間かけて、お探しください。あなたをステージアップさせるものは、きっと何処かであなたに巡りあう事だと 思います。

 

 

今回は、パワーストーン、宝石編でした。

続く

 

 

キュービックジルコニアを侮るなかれ。わたしも持っていますが、意外と使い捨てできて、その割に、念とか弾きますよ。今のテクニックの人工モノを侮ってはいけません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

開運!日本のパワースポット案内
ベストセラーズ
2010-11-16
パワースポットも色で見えるようになると、分かりやすいんじゃない?

こんにちは。

エネルギーとか神とか、そういうもんをどうやって定義したかって事を書こうかなと思いましてね。

基本的には、エネルギーも神も、波長の中で存在するから、色ってのがあります。

まぁ、人の視覚って意外と、あやふやなもので、人の嗅覚って意外とあやふやなもので、どんな感覚にでも、必ず成長したら成長しただけ、先入観が入る。

それが、全く先入観がない子が、部屋の隅を指さして、ワンワン、ここ。ワンワン、ここ。ってやることあるでしょ?いや、うちの次男坊がそういう子な んだけれど、実はね、ワンワンって表現も、先入観。片言の1歳半がどこまで頼りになるかは置いておいて、ワンワンのようなものがいる、つまり、四足でワン ワンに似ているものがいるって表現なんだよね。子供の場合はね。

ただ、反対に、うちの長男坊のように、「うわぁ、軒先から、大きな顔がぶら下がってたぁ」ってなると、これ、どういう先入観なんだか、よく分からな いです。ただ、その後事実関係をよく洗い出してみると、実は、そこで、首をつった人がいた。たまに、そこに出るらしい。それが、どういう条件のもとで出る かはわからないので、首をつった人の家からは、引越ししましたけれどね。

まぁ、彼らの表現聞いていると面白いんですわ。

結婚式のような人が家中歩いていると、長男がいうんですが、どういうことかよく聞いてみると、「マリアベール」というベールをかぶった人が家中を歩 いているとのこと。羽の生えた白いゆったりした服を着ている人が歩いている時もある。腰に、金が見えるので、なんだろうね。ベルトかなって。

 

・・・・・・・・・・・・・・・。お前、それ、花嫁やない。マリアや(涙)。

マリアベールは、そもそも、マリアがそうやって着けるからマリアベールだろう。経験なカトリックなら、ミサの際には、頭からレースかぶってんぞ。そ れより、羽が生えた人はなんでこんなところをウロウロしているんだろうね。探しものがあるのか、おとしものなのか、ただでさえ狭い家が、もっと狭くなる わって言ってやれって思ったんですわ。

さて、んじゃ、神とか、エネルギーってどうやって定義しているのか。また、どうやって呼ぶんでしょうか。

その前に、先入観という知識の前に、人には幾つか種類があって、そもそも、真っ白なキャンバスに、新しいものを描けない人っていうのがいるのね。

そういう、何かを生み出すクリエイティブさと、精神の不安定さというのは、いつでも隣り合わせなんですけれど、クリエイティブに走れば、論理思考はおろそかになるし、論理思考で走れば、知識だけで、なにか新しいものが生み出せない自分となるんですよね。

そこって、すごく微妙なバランスなんですよ。

知識で、なんでも答えられるって分野であれば、活躍できそうでも、クリエイティブで、いつも斬新なイマジネーションを生み出す人とは、明らかに脳の 使い方が違うんですね。発達の仕方も変わってきます。柔軟に考える部分という面があってもいいのではないかと思うんですが、知識武装というのは、恐らく当 人における、何かわからない、正体不明のものに対する恐怖心からくる「理論武装」かなと思うことがあります。

だから、知識だけに偏る人は、中々イマジネーションが難しいですよ。神を呼ぶって言ったって、神がイメージ出来ない。基本はね、既存の先入観の中で、イメージしていくんですよ。

 

酒の神バッカスっていったら、どんなものを思い浮かべるか。そういうことからの連想キーワードで走っていける人と、そもそも、アルコールに酔った感 覚を既に自分の中に知識として持っているのか、それひとつにしても、神なんて、エネルギーなんて、幾らでも解釈が変わるんですよ。波動や波長一つも変わる んですね。

 

それで、万人が見て、万人の様々な価値観の中で、それでも、これは、みんなが見て「酒神バッカスだろう」と思われるものが、現在の正解になるわけでね。まぁ、そんな感じで、神とかエネルギー体の呼び方なんてあるんですよ。

色彩もそうですけれど、実際は、個人個人、若干色彩の認識が違うんですよ。同じ赤でも、全く同じに見えているわけじゃないんですよ。生活様式が違う だけで、様々に見えるんですね。でも、赤を並べておくと、うーん、青ではないから、赤かなって感じで、結局、その波長の長さの光は、赤と認識されているん ですね。オレンジと赤のところは、判別微妙な人結構多いです。

ダイヤモンドでも、DカラーとEカラーは、実は、鑑定者の感覚で決まっています。鑑定者が、Dだって言えば、Dで。Eだって言えばEで。いい加減で すが、そこを測るものがないので、感覚で決まります。基本的に、似たような色彩感覚をもたせるように訓練していくので、似たような判別を覚えるのですが、 訓練しても訓練しても、結果的には、身体的な判別者の特徴によります。


なので、マスターストーンという色見本を用意して、色見本で仕分けていくと間違いが少なくなります。

 

と言うことはですよ。同じ宝石を見ても、同じ石を見ても、万人が同じ価値観を得にくいのは当然なんですね。

 

すべての人が、キラキラ光った色の中に、同じ色が見えるわけじゃないんですよ。

それ程、あやふやな、わたしたちの色彩感覚なんですね。赤といっても、赤も、微妙にワインレッドが好きな人もいるし、微妙にピンクな赤が好きな人も いる。それは、あまりに当然な、わたしたちの持っている目の特徴なんですよ。凄く精密にできてそうに見えてて、実は、色彩一つさえも、同じじゃないんです ね。

 

神ってのはまぁ、置いておくとしてですよ、エネルギーってのは、基本的には、先入観バリバリの中で、万人が見てそうだと思えるものに出来れば、それ で出来上がりなんですよ。まぁ、畑違いの話を持ちだして恐縮ですが、ゴッホを見て、ひまわりだなと分かる人はいいですよ。絵画を見て、

「何いってんだかよくわかんない(苦笑)」ってアートは沢山ありますでしょ。

基本的に、エネルギーもまた、アートなんですよ。

ただ、波長や波動ってのは、基本的に、ウェーブがあるので、ウェーブがどの位の長さかということで、色彩感覚として万人がそれを見て、幾つなら赤だ と思うんですよ。だから、逆に、神を呼ぼう呼ぼうとか一生懸命思う前に、色彩を作り出すこと、空間にその色を作り出せることって凄いことになるんですね。 万人が、青を見てクールだと思う。ついでに、ひんやりすれば、もっとクール。

こうして、どの人にも認定してもらえるものがあれば、それでいいんですよ。それが、始まりじゃないですか。

神の前に、色で始めても何ら問題はないですよ。色の次に、別途として、勢いや、エネルギッシュや、憤怒や、浄化や、色々なものをオプションとしてつけていけばいいんです。なんら、真っ白いキャンバスに描けない人は、先入観を利用するのは手なんですよ。

ただ、それで、偉そうぶる人ってのは、結局はその傲慢さが、エネルギーの質にも出るんです。傲慢さは、常に、誰かへの妬みや、誰かに負けたくないと いうプライドの高さからくることもあるので、そういうのが、質に出たエネルギーで癒されるとは思えないんですね。まぁ、傲慢な人は、傲慢系の神々をイメー ジしていけば、地のまんまでイケますよ(苦笑)。無理して自分を変えようとして、神をイメージするのなら止めませんが、傲慢系は、傲慢でいいんですよ。無 理する必要ないです。そもそも、無理しようとは思ってらっしゃらないと思われますんでね。

色ごと好きな人は、絶倫ゼウスとか(失笑)。潔癖症は、ディアナとか。神様も多種多様ですから、古今東西探していけば、今の自分が背伸びしなくてもマッチする人が必ずいます。まぁ、そういう風に作ってあるのが、神話なので、大丈夫です。

癒すってのは、また別ですよ。癒して「あげる」とかだったら、もう、そいつにしてもらわんでもええですわ。

 

そんなんで、首吊りで死んだ人の残像が見えるのは、これもまた、波動なのかというと、そうなんですね。その人の悔しさが残るってことより、見た人の ショックもありますし、何度もそこで思い出せば、定着もするでしょうしね。ある程度暗くて、ジメジメしてたら、人って必ず、そこに、マドモアゼル・貞子を 探したがりますしね。

ところで、わたし、最近、ホント半年かけて、修行しました。職場で仕事上、デキルようになったんですが、ばっさり、念をカット。相手の執着まで、斬り捨て御免(笑)。

 

なんとなく、こういうのって、やっぱ、妄想たくましく家に引っ込んで、あれこれ考えるより、実地でやって、経験積むほうが早いですよ。

 

ちなみに、わたしは、職種の都合で伸びた部分がありました。

 

あと、家の中をうろつく人に関してですが、あれは、うろつけと言っているわけではなく、なんで、よりによって、家の中なんですかね(涙)。よそんち イケばいいのに。もう、「マリアの突撃・隣の晩御飯!」ってやったら、面白いと思うんですがね。結構特定の人の家に出るんですよ。あの人って、意味不明で すわ。一番理解できない人の最先端を走ってらっしゃる。

 

しかし、この場合も、マリアさんというより、マリアさんと言うイメージに周りが先入観で見えるんですよね。本当に、警告して歩くのは、マリアさんで も、別の影武者だったりして、そこんところまでは、詳しく見ている暇がないんで恐縮ですが。大体、青い服、白い服、ワインレッド。

 

たまに、妖怪のようなカッコした、マリアさんって出てこないんですか。

 

聞いた限りでは、マリア観音止まりですわ。だから、やっぱ先入観なんですよね。

 

さて、そんな感じで、また、続きは今度。

 

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。


わたし、常々言うんですが、「今、牛肉食べたから霊能力が衰える」とか言う奴、嫌いなんですよ。んな、今の目の前のステーキひとつで、衰えるような霊能力、はなから、話にならねーだろと思っています。一生懸命、ベジタリアンしてくるのも、涙ぐましくて、微笑ましいんですが、健全な社会生活を踏み外してまで、そこまで、霊能力で飯を食いたいかと尋ねてみたいです。

全てのエネルギーは循環するのに、「知識」の循環を止める奴も嫌いなら、食わない奴も好きじゃない。必要とする分は食べたほうがいいんです。餓えて霊能力がある とすれば、そりゃ、車の運転もおぼつかない判断力以下でしょ。食べて元気に動くもんですよ。必要以上食べている人は、過食は、ストレスをのどに無理やり押し込んで、性的快楽を追及しているだけだから、吐くのも含めて、自慰行為だと思ったほうがいいでしょう。

基本的に、沈んだ太陽ではありませんが、日本は不思議な捉え方をする国です。「莫大なインセンティブ」の為に、「リスクを取ろう」とする国が、星条旗の国なら、日本は、どうも「その莫大なインセンティブ」に値するものを「徳」で納得しろって言うんですよ。

不思議ですよね。徳ですよ。徳じゃ、日々食えないですよ。極度なリスクも取れないです。でも、こういう分野で単なるキワモノ扱いだと言うのに、あえて「キワモノリスク」を取りに行く人は、本に出たりメディアに出たり します。引き換えに、お金が多くなります。それを、叩くんですよ。出ない奴には、出た奴のリスクなんかわかりませんしね、出た奴の、ボロクソなまでの叩かれ 方見て、ドンびくでしょう。

で、言うんですよ。徳を積めって。

いやいや、霊能力は、お茶の間のエンターテイナーですわ。

まぁ、物質界が悪いとかいいとかじゃなくてね、物質もなきゃだめだし、精神性もなきゃだめなんですよ。時間だって人に割くには、自分の何かをやめなきゃい けないわけですよ。
倫理に触れること、法に抵触すること、自分が覚悟ができなくて、ビビりの相談に行く人や、愚痴をこぼしに行く人は、無償でお願いしますと言って、「徳」という見えないもので、対価を払っているつもりでしょうけれど、それでは、相談相手は、飯 も食えないですって。何にも続かないですよ。清貧で生き延びられないんですよ。

わたしは、ここでブログとして書いていますけれどね、色々事情も過去もありました。だからと言って、それを「徳」と呼ばれてしまうと、まぁ何とも言えないですよ。好きなことだけ、書いてるだけで、不思議な生活の中で、何があるんだろうと思うから、やって続けられる訳なんです。
だから、出版は、こんなリスクは取れないですよ。昔、真実を語って、叩かれる恐ろしさって、身をもって知っているんでね。

さて、世の中、随分、何も知らない人が、大きな声で、「この霊は」とか言ってるの見てると、身がすくみますよ。わたしでも、「マッドな好奇心」とまで呼ばれて、色々知識はありますけれどね、知らないって怖いもんですよ。確証に繋がらないと、絶対言えない言葉です。あえて、言うなら、リンゴは下に落ちる。その理由位確証が持てないと難しいですね。

まぁ、ひとつだけ例をあげると、日本って、魏志倭人伝によって倭の国王がいたって話しになってますよね。あれ、「魏志倭人伝って本は実在しない」んですよ。
東夷伝という本の一部に、倭の事が書いてあったんです。倭って国も倭王ってのがいたから、いい加減に、倭人とか呼んでね。高句麗人、新羅人、まぁ、ミソクソな交流で、元々、純粋な国じゃないんですよ。

それを、天智さんの時代に、国粋主義にさせるには、歴史伝が必要で、そこに神だの何だのを盛り込ませたのが、始まりなんですよ。精霊たちとはちょっと違う んですよ。で、国粋主義にするには、一国一民族とするのは、どの国でも決まりごとのようなもんでね。他の国でも随分あるかと思います。まぁ中国はどうやっ て中国かと認識したかといえば、ついこの間まで、漢字だけで取引をしていた国で、漢字を持つ種族=中国という認識があったようですよ、

まぁ、そんなもんでね、実際に古事記でも、実編纂の年と、歴史上の編纂の年は違うんですね。必要ですよ、国民を一丸とさせるには、そういう事書く必要がある。だけれど、それにて、一丸となって信じてきたのは、今までの歴史なんですよ。

ここまで、お前の開発した技術は、「徳」にて企業に寄付(搾取され)し、企業はそれで金を儲け、皆に分けるのは少なめにね、てへぺろってなったのが、歴史になってきたのは事実でしょ。

個々を重んじるようになったのはつい最近ですよ。

でも、あんまり、「徳」「徳」言わないでほしいんですよね。徳積むのも必要ですよ。ですけれどね、その人の「徳」につけ込むビジネス展開が、今の経済社会なんですから。 凍ったって、仕方ないでしょ。やり方が悪ければ、一から、経済の発展の為に、目先の利益を追うなって事ですよ。そっちの方が「徳」でしょ。

まぁ、そんなんで、最近、アセンションビジネスがなんか、盛り下がっていたり、アセンションビジネスに食いつく人のレベルを見ていると、クズの集まりだなと思うことがあります。コツコツ努力もせず、一発勝負で、逆転劇ですか。そういう風に考えるからこそ、余計に金がなくなり、信用も失うんですよ。
ほんと、2000年過ぎた後の、あの妙な空虚感、結局空から何も降ってこなかっ た、あの空虚感があるの、盛り上がっただけに嫌だったでしょ。

健全に生きましょうよ。健全に。出典も、歴史も、日本目線の東洋史ばかりではなく、世界史、 色々な本を読みましょうよ。知るって大事ですよ。

まぁ、日本の世の中強引に回そうとすると、回さない方が利益がある人たちがこぞって反対をしますけれど、あれも、人や企業を蝕ませた存在の既存利益を渡したくないんですよ。

わたしも、昔から社会インフラ、企業インフラで仕事をしてきましたが、透明になっては困る事情の人って結構いるんです。でも、その人たちが、どう、職場で仕事もせずに一日を過ごしてきたのか、コストカットしたり、予算を増やしたりしないと、成長しないんですよ。

まぁ、あなたが、花に水をやる時、「徳」をつんだと言いますか?雑草や間引きを抜いた時、どう思いましたか?




    このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。


普通外見から分からないモノを、見るのに何が得意分野ですか?という話をたまに貰う。

まぁ、見ることはしちゃいけないけれど、ブロックしていても見えるのは、生と死。特に、女性の子宮は、我ながらに情けないことながら、「生理中」かどうかを見るのに長けていた時期があった。

生理中かどうかを見るのに長けた理由は、相手がトイレに頻回に行きたくなった際に、なるべく阻害しない店を選ぼうと言う、「余計なお世話(笑)」か らである。およそ、100%当たるので、嫌な顔もされる。しかし、神様はご清浄なモノが好きで、生理の血は嫌いだと言う説もあるが、古代より、死は生を 持って清められてきたと考えるので、そんなこともないだろうと思う。

未だ、女性の子宮から湧き出でてくる、「生」を見るのは得意だけれど、残念ながら、授かる予定なのに、授からないケースも多々ある。

理由は、その家族に何か大きな不幸があった時、大体は、その小さな命が、文字通り体を張って食い止めるからである。だから、流産して悲しみに暮れて いる人の中で、流産して実はよかったと思えることもある。ただ、余りに悲しくて心を閉ざす前に、何度か、流産癖を防止してでも、命を授かると、母体のメン タルは、保たれる。他に子供がいる時は、その子供を大事にしてあげることが必要なんだろうと思う。

ってところで、死も割とよく見える。

死ぬ人の後ろは暗く、未来が見えない。

基本的に、死んだ顔が見える時は、当人にそれとなく、「食べ物に気を付けて節制しろ。」とか、「酒を飲むな」とか、「高いところに上るな」とか、暗 示を込めた言葉を言う事がある。食べ物系は、それこそ、食べ過ぎで亡くなることもあれば、中ることもある。死の原因の顔を見ていると、高いところから飛び 降りそうだとか、遠いところで、野垂れ死にするんだなとか、そんなことが、大体はぼんやり分かる。

普通の霊能者は、こんなことを言わないし、伝えてはならないと言う。

わたしも、幼い頃から父の早世を気にしていたので、死ということばではない言葉で、相手に伝える術を考えていたのだろうと思う。死というと、大体の 人は、それが発言力のある人であればある程、暗示がかかって、そっちへ歯止めが効かなくなるものであり、死ななくてもいい人が亡くなるケースもある。だけ れど、食事の塩分で亡くなるとか、脱水とか、そんなところは、大体オブラートに包んで、相手に伝えればいいと考えている。

ただ、これで、昔は、死ぬ予定の人を死なせなかったので、返りの矢というものがきて、代償を払わされることになったことがあった。

けれど、最近はそうでもない。死ぬ予定の人は、「食べ物に気を付けろ」と言っても、やっぱり過食するし、「脱水に気を付けろ」と言っても、サウナで 倒れたりするようだから、そこからは、わたしの管轄する範疇じゃない。自分が生きるために、そのアドバイスをどう使うかが問題であって、死ぬ予定でいいん ですって言うのなら、止める権利もないからね。

これから飛び込む人の場合は、最後は、「解き放たれた感満載」の笑みでいることも多い。

その表情は、ある意味、ホラーである。脳裏に残るイメージでもある。しかし、当人が望むのなら、自殺も仕方ないんじゃないかと、最近は電車に乗る 時、そう思うようになってきた。これだけ、天候が悪いと飛び込み、気圧の変化で飛び込み、仕事の関係で飛び込み、妄想を背負って飛び込み、そこまでされる と、これもひとつの時代の流れかと思うことも多くなってきた。

当人は、当人だけ幸せでいればいいんだと思っているんだから、仕方ない。

ただ、病死に関しては、わたしも見ることができるけれど、ここは、自分もその境目なのか、「感情が入って良く見えない」ところである。

ある程度、ヤバいケースは見えるけれど、ヤバくないと見逃してしまうこともある。後、わたしが、自分が生き死にの繰り返しばかりなので、自分はこれ 位「生き延びて当たり前でしょう」の部分で、見逃すこともある。死が近くなると、人は勘が良くなる。自分の身の回りを整理したり、色々と始めるもんだ。

うちの父も、あれは不思議だなと生前は話していたけれど、彼は死に至る昏睡状態に陥る前の日、周囲に「ありがとう」を言ってお礼を述べていたと言う から、驚きである。恐らく、わたしも、その程度の勘があるが、「ありがとう」とお礼を述べる前に、わたしはどうしても、精神年齢が、ある時代に還ってしま うようで、周囲のことが分からなくなったりすることがある。もう、亡くなった人に会いに行くと言って家を出ようとして、鏡に映った自分が、BBAだったの を見て、愕然とした経験がある。

ただ、まだここにいるってことは、当分は死なないってことで、死なない程度に、ガチガチと噛まれるような生活を続けて行くのだろうと思う。

 

それで、こんな重いことばかりが見える人に、伝えたいことがある。

人の生き死には、人が決める権利がある。死の選択も、生の選択も。生の選択は、バースコントロールというけれど、わたしは、中絶した女性の子宮を見 たことがあるけれど、分かるのは、術後が悪くて、二度と子供は授からないだろうとか、まだ産める程度の事であり、子宮に取り憑くと言う「中絶した子供の赤 子霊」は見たことがない。

あれは、弱った心につけ込むビジネスだと思っている。でも、新しい生を授かれなくなったら、流石に心も折れて、風車のひとつも、失くした子に買ってやりたいと思うことがあるだろう。それが人情で、年相応の落ち着きである。

それで、そんなことが見えても、最後の結果の責任は、「あなたにはない」んだと、わたしは言いたい。

あなたは、オブラートに包んで、このことはしない方がいいと伝えても、あーだこーだ、うっとおしく伝えても、結果は相手が選ぶのである。それは、自ら決めた運命というモノであり、その人がそれで後悔がないのなら、それでいいんだよ。あなたが、負う責任はない。

でも、どうしても生きててほしい気持ちは誰にでもあるけれど、大事な人ほど、早いものだ。

往生際の悪い婆さんも、さっさとやりたいことをやって亡くなる婆さんも、魂の重さに関しちゃ、皆等しい。

大切な時間程、移ろいやすく、大切に思えば思う程、失うショックは大きくなる。でも、それが、生と死の普通のことだから、あなたは、そんなに悩む必要はないんだよ。死は、生を持って清められ、贖われる。だから、生まれる人がいるのも、亡くなる人がいるのも、

Good times & Bad Times なのさ。

 



    このエントリーをはてなブックマークに追加



こんばんは。

 

前に、自衛隊の医務官を行っていた医師もそうだったけれど、壮絶な修羅場を踏んでしまうと、人とはどうも、「ある二極化」に走りがちで、心のバラン スが取れないらしい。かつての、医療事故の後の自分も、修羅場の最中は、とかくバランスを崩しがちで、結局崩してみて、霊能者をやってみたけれど、内実 は、できたから、やっただけ。

修羅場や、人生史上初とも言えるような、土壇場のせめぎ合いを続けると、人間、まぁ、色々おかしなものを視るようにもなるし、多少なり勘もよくな る。精神的疲労や、肉体疲労が重なると、オカルト現象なんて、割とよく見ることが多くなる。それにプラスして、思春期独特のホルモンのバランスが乱れた状 態が加わると、もう、阿鼻叫喚だね。

そもそも、思春期・更年期は、「潔癖」と「穢れ」の中の釣り合いが、自分の中でも取れなくなるから、よく、ヒステリー状態になって、解離状態になる人は多いし、そんな状態だから、余計、なんか視えても、仕方ないんじゃないの。

でも、面白いのは、守られたゾーンで、「見える」ことは好きな大人も、守られないゾーンで「見える」ことには恐怖を抱く。

無論、怖い何かが起きたら、途端にメンタル破綻するような勢いで騒ぐね。お疲れなんだね。

 

わたしが、学生時代、親がどんなに厳しくても自宅に帰り、合法的な自宅の出方が、結婚だったのは、そもそも、わたし、すごく怖がりだから(苦笑)。

 

寝ている時に、音がしたり、あっちこっちで、モノが落ちたらね、普通はやっぱ、臨戦態勢になってしまう。だから、わたしは、独り暮らしをしたことがないし、子供がいなかった頃は、主人が長期出張の際には、もう、慌てて夜は早く寝た。それでも、なんとか暮らせるのは2日間。

だから、親元に帰ったり、逆に、それはどうなんだろうと今思うのは、職場に泊まったりしてたことかな。職場では、独り・・なんだけれど、警備員とかが必ず巡回に来てくれるので、個別にビジネスホテルを取ってもらった時の方が怖かったかな。

 

出張で、1週間、2週間、3週間とかになった時は、必ず、どこかで知り合いに遭うか、意味が分からないけれど、神社に行ったり、仏閣に行ったりとしてて、余程自分は怖いんだなと思ってたから、霊能者になって怖がりが防げるかと思ってたら、違ったんで、辞めた。

 

でも、修羅場や土壇場のせめぎ合いを越えて、そこをリタイアした後に、突き抜けるひと、結構多い。

突き抜けるって、悪い意味での話であって、カルト宗教にのめったり、spiritualに過剰にのめったり、なんか、色々なモノにすがったり、神に なっちゃったり、占い師になったりする人もいる。医師でもそれを押さえられないところを見ると、余程、修羅場耐性というのは、耐性がついても、まだ尚且 つ、人の心は、バランスを崩しやすいんだろうね。

前に、医者に先祖供養が効いたとか、カルテに書かれた時は、その医者とは、すぐに縁を切った。

 

やだね。幾ら、何が効いたところで、オカルトのような、割り切れないものは、まだこの世に沢山あるんだよ。でも、そこで、突き抜けてしまうひとにな るのか、そこでぐっと踏みこたえて、現実に生きていく軸を自分に保ち続けるのかでは、心のバランスや健全さが、かなり違うと思うんだ。

現実に生きてかなきゃいけないじゃん。金はなくちゃ生活できないし、食うもん食わずで、宗教やってたって、あんたの神なんて、どうせ、あんたを救わないって。知ってて、すがるんじゃなくて、あんたは、振り向いてもらえると、毒親にすがるような思いで、すがるんだろう。

毒親は変わらない。これは流石に、世の中のデファクトスタンダードとなったけれど、神も似たようなもんだよ。

あんたに加勢する奴の方が、多少なり、人間に近い、そういった類のもので、あんたは、それを信じることで、修羅場を抜けてきた、もしくは、修羅場から逃げたい気持ちを、現実逃避するんだろう。でも、現実は現実だぜ。

 

あんたが、辛かったのは、辛かったとわたしも思う。誰が聞いても理不尽な話だろうと思うね。でも、それで、あんたは、心のバランスを崩して、それで 終わりにするつもりかい?天使や、神に、あんたの生活の糧を与えたまえとは、祈りの文句にあるけれど、あれは、単に「いただきます」「ごちそうさま」レベ ルと考えておいた方がいいと思うよ。

天使や神は、あんたの生活の金まで面倒見ないし、あんたの老後の面倒も見てはくれないよ。

 

でも、あんたは、それでも救われたいと思うなら、一番痛い現実を見ることだね。怖いことや不可思議なことは、あって当たり前で、まだ解明されてない だけで、解明したら、なぁんだってことになるんだよ。その時、そんなことに振り回されて、怖がって、怯えて、余計な金使ってたら、ダメだろう。カルト宗教 はね、教祖だけが救われる為にあるんだよ。

 

警察官も、自衛隊も、医者も薬剤師も、看護婦も、そして、ITエンジニアも、色々な職業の人が、色々な現象を見て素直に驚くよ。

 

でも、それで、それに囚われて、足元をすくわれて、心のバランスを欠いてはいけないんだよ。

 

わたしは、拝金教だ。拝金教は、一番、大切な地道に働くということを教えてくれる。それが一番金が稼げた時代だったし、これからも、そんな状態でも あるだろうよ。幸せは、貧乏でも味わえるけれど、貧困では味わえない。現実を見て、現実をより良くするために、わたし達は生まれた訳で、突き抜けて、なん か、変な人になったら、アウトだよ。

 

わたしは、かつて、とても優秀な教授と奥様に、知り合いになった。教授はその当時世界的な権威で、優れた頭脳の持ち主で、彼をうならせるウィットを 考えるのがわたしは好きだった。しかし、どういう訳か、教授は、ニューエイジブームにはまって、奥さんは、一日8時間、瞑想することとなり、教授も段々そ うなるようになった。もう、いい年だから、余生は静かに過ごしてほしいと願うが、確かに、あまりに頭が良すぎて、理性的だと、「どこか、突き抜けて、心の バランスを崩すのかな」と、わたしの心に深いトラウマを残した方だった。

 

わたしの父は、そういうことに猛反対な人だったから、ある意味、彼は、わたしに、現実に軸を持って生き抜くことを教えてくれてた教育者だと思う。

 

まだ、この世には不思議は沢山ある。でも、それに惑わされているようでは、「心は健全だとは言えない」と思う。趣味程度に留めておいた方がいいとわたしは思う。妙な使命感や、義務感を主張し過ぎたら、わたしは、あなたを「心のバランスを崩しすぎたひと」だと思うと思う。

でもさ、霊能者やったわたしにそう思われたら、終わりじゃないの?

 

 




    このエントリーをはてなブックマークに追加


こんばんは。

 

よく、悪霊が憑いたと言われるケースで、ひとつ考えられる線は、「解離性人格障害」における「交代人格」である。

あまりに、今の自分には受け入れられるキャパを越えた心の傷を負った時、人は、知らずにその自分を守るような人格を生み出すことがある。こういう人格は、当人の「受け身」な性質とは違い、大変「攻撃的」なので、一瞬、感じとして「悪霊」が憑いたと思い込むケースが多い。

実際は、当人の生活環境を尋ねてみると、かなり心的外傷を背負っていることが多く、知らずに生み出さている。なので、若い子は、若い子なりに受け止 める土壌がないまま、性的被害に遭ったり、ネグレクトに遭うケースが多いので、知らず知らず、このような形が出て、それを周囲は、「悪霊」とはやし立て て、自分達に立ち向かう人格を、必死で潰そうとする。

さて、そんなケースもありながら、割と子供の頃に、イマジナリーフレンドを持っていた人はいるのではないだろうか。

イマジナリーフレンドとは、「見えない友達」である。空想力、想像力が豊かな子が多いが、基本的に、彼らは悪いことを言う事もあるが、助言者であり、救護者であり、友達であり、屈託なく、何でも相談できる相手だったりする。

そのイマジナリーフレンドを持つにあたって、何故持ったかを探っていくと、当人の心には、意外と心的外傷がある事に気が付く。

 

スピリチュアルでは、意外と、守護霊やイマジナリーフレンドを見る人、それと共に歩みたがる人を、喜んでそそのかす面があるが、わたしは、基本的に、イマジナリーフレンドが出てきた際には、自身が、SOSを出している状態であると考える時がある。

 

わたしにとって、イマジナリーフレンドというより、救護者は、夢に出てくる「ある男」になる。その男は、実生活はクズでどうしようもないが、とても わたしが心理的に窮地に立たされた時には、甘い言葉をささやいて、自分がいるから何も恐れなくていいと言う。そして、わたしは、そのイマジナリーフレンド と過ごしたくて、10代の頃、寝ている時間が凄く長かった。

ただ、わたしは、現実の男と、イマジナリーフレンドを勘違いしたおかげで、現実の男は大変クズであることを知った。そのギャップに失望し、殺されよ うとしても掻い潜ってきた自分は、自殺を図ろうとする。最近、イマジナリーフレンドである、「夢の中の男」が出てくることがある時は、自分は肉体面、精神 面で辛いのだなと思うようにしている。決して、現実のその男は、違うのである。

 

そんな中で、イマジナリーフレンドではなく、勘弁してくれと思うモノがある。我が家にたむろする沢山のなんか変な奴である。実はブラインドテスト で、全然関係ない集団からピックアップした人間を、何名か呼んで、この勘弁してくれを見てもらったことがある。勿論、ひとりはspiritualの人で、 数名は、全然関係ない人だった。

彼らは、同じようにそれが見えると言い、同じような絵をわたしの前に描いて見せた。

それで、わたしは、自分の家を徘徊しているこの方が、わたしの「イマジナリーフレンド」ではなく、他人の目に見ても見えるものであるという事に深く 驚きを感じた。実は、わたしは、聖母マリアの像を、「深夜の理性のない時間帯に衝動買い」したのである。これは、ある人の家に伺った時、ある奇妙な体験を したので、同様の事が起きるかと思って試してみたことなのである。

ある人の家には、玄関にバリの女神像が置かれていた。

一見は、普通の像なのだが、この像は、よく置いてある場所から動いてきて、歩きまわっている。ついでに言えば、わたしが、そのお宅に伺って、うとう とすると、その女神は、姿を現し、「あーだの、こーだの、口やかましく言う。」。あまりに、面白い現象だったので、その家の人間に尋ねてみると、こんな話 を聞く事ができた。

「玄関に女神像が欲しいと思って購入したら、家族から、家じゅうを歩き回る女がいる」という話を言われた。しかし、職業柄、自分以外であれば、自分 の客である。しかし、出歩く時間は、家族が帰ってくる夜である。なので、恨みを持たれた生霊かとも思ったが、正体を見たいと思った家族が、その女の後ろを ついて行ったところ、像のところで、すっと消えてしまった。しかも、像と同じ服を着ていた。

自分の家を訪ねる人は、必ず、この像に家のどこかで出会うと言う。」

 

これを聞いて、面白いと思わぬわけはない。画して、わたしもバリの女神を探したが、あいにく縁がないようで買う事ができず、恐ろしいことに、聖母マ リアで手を打っちゃったという訳である。まぁ、聖母は元々、そういう噂が絶えぬ人なので、基本路線はOKであったが、わたしの家で歩き回っていたのは、天 使はいるわ、象はいるわ、聖母マリアは歩くは、そうこうしている間に、生霊も怨霊もあわせて「多国籍の存在するごっちゃな空間」と化してしまった。

これは、たまたまの話である。

ところで、わたしはだからと言って、これら歩くモノをイマジナリーフレンドにし、自分の助言者であり、救護者であり、友人であり・・・・という事は 求めることはない。歩きたい人は勝手に歩けばいいのである。わたしが、共に歩む必要などない。歩む必要があるのは、わたしの緊急時に出てくる、恐らく、わ たしの理想の異性像にして救護者である「イマジナリーフレンドである、男」で十分である。

さて、わたしは、イマジナリーフレンドと夢の中で熱いひとときがある訳ではなく、ただ、普通に暮らしている。そのフレンドにあるものは、「尊敬と憧 れ」だけである。それで終わりである。そのフレンドがささやく言葉は、きっとわたしが生涯かけても、どの男からも貰えない「甘いセリフ」である。このイマ ジナリーフレンドは、「強い女」だと思われてきたわたしが、心的外傷を得て、PTSDからDID(解離性人格障害)になりそうな自分を救済する「真に求め ていた言葉」を言うアイテムであっただけだ。

ちなみに、わたしの生活では、主人は、到底救護者になれそうもなく、恐らく当人もその気がないであろうと思う。息子に救護者を求めるような、そんな 馬鹿げた母親ではないので、わたしにとって、イマジナリーフレンドは、ある意味、精神の脆弱性から崩れ落ちそうな時に、心を強化するレジリエンスのひとつ である。

レジリエンスを持っておくと脆弱性をカバーできるため、常にわたしは、ユーモアというレジリエンスと共に携帯してある。守護霊と呼ばれたがるイマジナリーフレンドには、そんな役目がある。

 

さて、解離性人格障害の中では、時として、「Internal Self -Helper」と呼ばれる存在がある。ゴチャゴチャして、自分のエゴだけ通そうとする自己中たちの集まりの「交代人格」の中で、半ば神的な「人徳を備 え、まれにみる正義と倫理で、交代人格を整理してくれる守護的なスタンスの人格」がいる。しかし、この人格は、既に、そもそも、頼りなく、この人格だけで あれば、うまく行くわけではない。

常に、このISHは、自身を整理する為のツールであり、神とはそんなものである。なので、時々、交代人格が、ISHのような発言をして、似非を気取 るが、それに迷わされてはいけない。神は、人の中にいて、だけれど、人を支配せず。人の中が乱れて、混沌とした時に現れる最終システムのようなものであ る。

この最終的なファイナルアンサーをどこで使うかというのは、一番迷いやすいところであるが、カードゲームであれば、誰もが簡単に考えるだろう。そう だ、ワイルドカードは、最後まで取っておくものだ。最後の最後の切り札として、使用してこそ意味がある。始めから、ワイルドカード乱発では、効き目は薄 い。

 

という事で、津々と述べてきたが、あなたの守護霊は、あなたのイマジナリーフレンドではないのか。あなたは、それを人に見てもらって、人にしか見え ないイマジナリーフレンドを、自分の中で、妄想として作り上げるのだろう。だけれど、そのイマジナリーフレンドは、あなたが辛すぎるから、あなたの前に現 れた、「あなた用にカスタマイズされた、あなたの言ってほしい言葉を囁くアイテム」である。イマジナリーフレンドだけと暮らして行ける環境は、この世には ない。

だからこそ、守護霊や、何やで、あれこれ思い悩む人がいるとは思うが、人から「決められた」イマジナリーフレンドで遊ぶ前に、そもそも、家の中を見て見た方がいい。意外と、多国籍空間は、うちだけの登録商標ではないことに気が付くはずだ。

 

多国籍空間に、霊がいたら、あなたが、楽しい事、嬉しい事、悲しい事、辛い事を経験すると共に成長し、言葉を交わさずとも離れていくだろう。それより、死神だったら、優しく、

 

「どっかの誰かに押し付ける」か、「排泄物として水洗トイレに流す」か、「何かに擦り付けて、萌えるゴミに出してしまえ。」

 

あまり、自分以外の何かに囚われてはいけない。神は、あなたの中にいると思えばいい。

 

傷ついた心的外傷を、無理に癒せない時は、一生癒す必要もない。神がいるのか分からなくなっても、見失うな。神が目の前に現れない時は、あなたが、 まだ最終的に、ダメージを受けたわけではないのだ。傷ついた自分を救うために、更に人を傷つければ、もっと神を見失うだろう。また、金勘定や何かの為に、 人を粗末にして歩けば、もっと神から遠ざかろう。ひとを粗末にできる人に、自分を大切にできるわけがない。落ちぶれて、孤独になった時、自分を大切にして くれと叫ぶのが落ちである。

しかし、神に近くなればなるほど、人は息もつけない程、深く傷つくという事実は、大変理不尽な話である。

 

 




    このエントリーをはてなブックマークに追加


こんばんは。

巷によく売られていたり、オーダーメイドで作ると言うアクセサリーは、ほとんど意味が無いと言っても過言ではない。

そのアクセサリーで運気が上がったんだとしたら、そりゃ、プラシーボ効果だねとしか答えようがない。どうして、これで運気が上がるのか、その術師の念が必要なのか、術師の念はどのくらい持つのか、以前、そういう術師を呼んでお願いしたことがある。

実験的な要素ではあったが、ひとりは、その晩に消失し、ひとりは、その翌日朝、消失した。

わたしも、自分で気を込めることがあるが、恐らく、半日持たない事が多い。宝石磨きとして定評のあるわたしでさえもだ。

なので、気を込める、念を込めるビジネスは、その人と繋がっていたいと思う人の憧れや尊敬で維持されることだと思う。つまり、偉い人有名な人=パワーが凄いという数式かな。神社も神棚もそうだけれど、その敬う気持ちや憧れ感で維持していかないと、基本は、一日でチャラよ。

 

わたしの兄は、割りとシーサーが好きで、とかく彼の家は、玄関の門にもシーサー、家の玄関にもシーサー、どんだけシーサー好きやねんって感じで飾っ てある。彼の場合、意味があってわかってて何かをしているわけではなく、ふと、沖縄にあったシーサーを見て、これだと思ったらしいのね。

それでも、わたしから見ると不十分。でも、どんだけシーサー好きやねんでも、流石に、他にも飾ってあったら、ドン引きでしょ?

あくまで、一般常識で許せる範囲の、シーサー好きですですって路線だったら、それが限界。

でも、不十分だし、完璧にしたいと思ったとしても、無理かな。

兄は、そもそも、わたしの兄なので、摩訶不思議なことは沢山体験しているし、そもそも医者なので、不可思議なことというのはこの世に存在すると考えている。でも、その兄がどうこう言っても、防げないものはしょうがないじゃないの。

 

それで、永久的に続くものってあるんですかって質問はよく受けるけれど、基本的には、ステージアップした場合は、卒業していくアクセサリーもあるわ ね。だから、永久的にこれを着けていればOKとか、絶対開運ってことってないと思う。そもそも、作っている人を見たら、開運して凄く財産を持っているなら 別だけれど、己の開運さえできない人が、どうして他人のものが作れるのかは、摩訶不思議でしょ?

だから、凄くお金持ちで、元々元来何か財産を守るために、因縁や怨念を抱えている家って結構あるのね。

でも、そういうところは、基本的に、口伝で守っていくこととか、絶対公開しない古文書とかあるから、普通はそんなものじゃないの?

 

しかも、努力しないで、楽々なんとかとか、楽しく開運とか、金運ザクザクとか、見てていたたまれない(苦笑)。

 

願いは、一つに絞ったほうが効果は上がりやすいし、だけれど、人の欲は尽きせぬもの。だからこそ、悩むことは大きいんじゃないかしらね。

 

ところで、呪術的なアクセサリーをして、昔、うちの上司に、採用の面接を受けに来た人いたわよ。

 

わたしは、その場で外してくださいって頼んだのだけれど、結果落ちたわ。メンタルの弱さがそこにあふれている。男の子だったら、ワイシャツの下につけるとか、考えるんじゃないかな。

 

基本的に、呪術のアクセサリーは、ひとに見つかって、ひとが解読してしまったら、終わり。

 

だからこそ、解読できないアクセサリーのほうが、開運にはいいわよね。

 

兄のシーサー好きは、流石に、それだけ、病院で抱えてくるものがあるのだろうと思うし、今ある家の立地から、防ぎたいものもあるだろうし。そんな中で、妹があれこれ、都合をつけて、こんなんどうでしょうとか、持ってくるのだけれど、どうなんだろうね。

 

ちなみに、うちは、カオスでいいと思う。(笑)。

 

鬼が来たら、鬼をまとめて、物の怪が来たら、物の怪をまとめて。幽霊が来たら、お話を聞いてあげて、グロさを堪能して。

 

わたしは、そういう中で育ってきているので、そんなものかなぁ。

流石に、何かしようとは思わないけれど、幾つか、作っているものもあるわよ。

 

でも、それが、動く時は、それ用に作った事が起きるときだけだから、意外と、普段は眠っている物も多い。

 

まあ、思うんだけれど、お好きな人は、購入して見るのが一番だわね。役に立たないってことを知るためにも、経験は必須だと思う。

 

その中で、何かに巡り会えたら、ラッキーってものよね。

 

ところで、わたし、神社行く時、幾つか頼み事をされるのね。御札を買ってきてくださいって頼まれるの。

 

だから、そういう時、神社で、活きがいい御札を見繕って数十個買ってくることあるわよ。

 

並んでいる御札の中でさえ、当たり外れがあるんだから、他もあって同じこと。

 

まぁ、問題は、効果が切れるのが早いので、また頼まれるってことかな。

 

時々、頼むひとに思う。お前が買えよ。お前が買えるようになれば、別に問題ないだろ。手はずは教えてやるから、お前が買え。

 

そう思うけれど、意外と難しいらしいわね。

 

 

 

PS:ちなみに、卒業していくものは、高品質の呪術アクセであればあるほど、割と効果は、3年からヘタしたら8年ほど持ちます。わたしは駆け抜けて いった面がありますが、一昨年の呪術アクセで十分今年も回ります。だから、上等に作れば作るほど、そんなに、簡単に壊れないわよ。勿論、作用も強いし。 (涙)。振り回される面が多すぎますが(苦笑)。




    このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。

作ってみて、作れないことはない、呪術的なアクセサリー。

本気でつくろうとして、見積もりを出せば、高額なこと、請け合いである。地金が高いし、中々、デザイン料や技術料まで込むと高くなる。

 

そんなんで、そもそもあまり作る気はないのだが、作る人や持つ人について一旦考えてほしいことがある。

 

ナニワ金融道で、「欲は海水や。飲めば飲むほど、のどが渇いて、もっと欲しくなる。」と、こんな答えがある。

 

つまり、ギャンブルでも何でも、寸止めできるだけの自制心を持たないと、結局は破滅するという話である。

 

株でもそうだが、上がりそうなとき、頭に血が上ってドンドン注ぎ込んでいく。一旦株価が落ちて危ないと思った際に、とっさに売ってしまう。その上が りそうな時に、どこが潮時かをわきまえる冷静な判断力がない人には、扱えないシロモノである。落ちた時の売りどきを知らない人には、扱えないシロモノであ る。

 

実際、呪術のアクセサリーをして、目立つほどの大きくなる話は聞いたことがない。カリスマ性のあったアドルフ・ヒットラーでさえ、結果的には、ロシ アで苦戦し、自決へ持ち込まれる。結局、進む道に大きな富があった場合、必ず引き替えにさせられるのは、「欲」と天秤に乗った「破滅」である。

 

欲は、どんどん増える。過剰に増え、結果的に次から次へと欲しいものが出る。その上昇気流を作るのも登るのも、己の力量次第であるが、コントロール不可になった際には、潔く手を引くだけの気持ちがなければ、結果として、破滅が待つ。

 

なので、呪術的アクセサリーが欲しい人も沢山いるからこそ、安価な3000円台でできるパワーストーンは、庶民に好まれた。今じゃ、している人は少 ない。水晶のブレスをしている人は、意外と、ゴルフの肩こり防止のために、右につけている。左にしている人はメンタルの弱い証。

 

そんなところから、富を強く望み、登ろうと思う気持ちは分からんでもない。でも、こんなアクセサリーは、結局は、海水を飲んで乾いた喉になるよう に、乾きや、苦しみや、結局は破滅を意味する。なので、その自身が、ここで辞めるというところまで線引して約束しない限り、持っても意味が無いだろう。 もっとも、線引したラインを人間はすぐ、いともたやすく、覆す。

だから、そんなものを扱える人はいないんだよ。

 

自分も過去、溺れたことがあったが、結局は、ジリ貧のままだった。自分で努力しなければ、何一つ運は開けない。その運を開く際に、手がかりとしてだけ望むのであれば、問題はない。しかし、手がかりとして以上を望むのであれば、破滅を覚悟して行くしかない。

 

そもそも、飽食になって、それでも、金を儲けるのが好きな人は結構いる。でも、彼らは、足がかりができたら、そういうグッズを捨てる。後は自力で、 山を登ればいいからだ。問題は、登る山をどれにしたらいいか、わからないことが問題であり、それは、実に本人の選択としかいいようがない。

 

世の中には、誠に奇妙な話があるけれど、その場合、それもひとつの運である。

 

あなたの家に、いわくつきの古文書がない場合は、諦めて、こういう方面の運が無いのだと思って、別で挑んだほうがいい。

 

奇妙な話として面白く受けてくれればいいが、本気にとってしまうと、恐らく、日本の中で、ジリ貧にならないものを作れる人がいるかと言ったら、いないと答える。わたしは、Sさんによく頼まれるが、それは、わたしがSさんをよく知るからである。

 

知らない人には、全くできない話。

 

それを、パッと見て作るんだとしたら、相当な山師だね。もし、作れるなら、殆どの宝石店が倒産したり、閉店しないはずだろう。

まぁ、頼む人も山師なことは請け合いだけれど、自制心がないうちは、扱っても逆に破滅になるだけだと思う。

呪符も同じようなもの。

 

「欲」と「破滅」は天秤に乗る。

 

 

 


図説 日本呪術全書
豊島 泰国
原書房
1998-09




    このエントリーをはてなブックマークに追加

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル 超完全版 (2枚組) [DVD]

霊能力や超能力は、コンテンツであって、巷に出ている本では、面白みを増すためにかなりデフォルメな内容になっています。あなたが、その中の人物に なりたい気持ちは分からんでもありませんが、本当に助けが必要な時、助けてくれる人ほど、「鬼」です。助けて欲しい時に助けてくれるのは、「自分自身で す。」

うちは、オカルト騒動がありますが、見事に生活の一部として、有効に利用しています。ただ、仕事の納期だけは、わたしも落とすかどうかは、「神のみぞ知る」ではなく、ただひたすらに、「自力本願寺」です。

東宝

こんにちは。

 

某サイトで面白い質問を見つけたので、わたしだったらどう答えるかを、ご披露します。

Q1.除霊は何回必要ですか?

災厄だったら、落としてくれば十分です。それ以上の除霊は必要ありません。ただ、たびたび同じ状態に悩まれる場合は、まず、器質性疾患を疑い、その後、精神を強く持つよう、心の強化をお勧めします。

人に相談すればいいケースもありますが、相談ばかりして歩くと、人の評価が気になって、自分で考えることができなくなります。内観しろと言われるの は、自分で少しは考えろ、つまり、「ググれ、カス」と言われているも同じです。この場合、ググるのはネットではなく、己の中の本当の気持ちです。

幽霊は普通にいるので、たびたび除霊が必要な場合は、相当な、「潔癖症」で「依存症」の、「八方美人的お人よし」で、「狡猾な人と霊につけ込まれやすい」人間という印象を受けます。

 

Q2.友人、知人に霊がついていると言われたのですが?

その友人とは、F.O.して構いません。しかし、霊が憑いているケースで、時として良くないケースもありますが、相手にどんなものが見えていて、どんな悪さをするのか尋ねてみてください。脅しの言葉があったら、まず、器質性疾患の検査に行ってください。

軽いものなら、体の血のめぐりを良くし、朝一番の清々しさと気合一発で逃げます。

人によっては、器質性疾患の病んでいる個所が、黒い影に見えることがあります。他、疾患が見つからない場合は、ストレスを考えてください。人によっ ては、あまりに、「愚痴ばかりこぼす相手」に対して、霊が憑いていると婉曲的に表現するケースがあります。また、目の下のくまがひどく、顔色が良くない 時、このようにみられる傾向が多いです。

 

Q3.恋人とうまくいかない、付き合いだすとみんな豹変して態度が変わったり、暴力をふるう。

典型的な「恋下手」です。恋は、相手から奪うだけではなく、与えることも必要です。ただ、与える面は、相手が自分で選びますので、与える面を多く持 つようにしてください。あなたが押し付けてまで、与えたい与え方は、人を時としてダメにします。それと、暴力を振るわれる時、相手を煽情していないかどう か、考えてください。それで、ダメなら、その男は、あなたの心の庭では、「咲かない花」です。夏の植物を冬の庭に持ってきても咲きません。冬の庭に咲くモ ノは、冬の寒さに耐えて、咲き誇る花です。時たま、寒椿の様に、ぽとっと落ちてしまうメンタリティを持つ花もありますが、それも寿命の内です。

 

Q4.私に何かついてますか?

はい、立派についています。なにかって?いやだぁ、恥ずかしい(笑)。

 

Q5.除霊に来てくれませんか?

あまりに凄くて面白かったら、考えます。本人は真剣なんですと言われても、霊能者は、単なるエンジニアです。出張費と、経費だけで済むはずです。済 まなくて、日常のメンテが必要な場合は、できれば、お近くのメンタルクリニックにご相談ください。心因的な病気のごく軽い状態であれば、特にメンタルクリ ニックの薬では効かないと思います。それであれば、覚悟を決めて、「ご自身とご自身の環境を受け入れる準備をなさってください。」アロマや、マッサージ、 あかすり、色々な軽度の回復方法があります。

準備ができないと、エンジニアも、無駄足ばかり踏むことになります。

 

Q6.家に何か霊がいるんですが、どうすればいいんですか?

温めて、生暖かくヲチしておきましょう。見知った人の顔だった時は、生きているかどうかを確かめ、生霊だったら、バットで殴って追い返す。生きてい るひとであれば、家宅侵入罪で、110番に、即、通報してください。知らない人の場合も同様です。わずかな差を見逃しただけで、ストーカーにネチネチ付き まとわれる人もいます。ただ、盗聴や、妄想に広がった際は、お近くのメンタルクリニックをお訪ねください。

 

Q7.家族・友人が急に頭がおかしくなり、訳のわからない事を喋ったり頭の中に何かいるといいます。行動も言動も非常におかしいのですが

今は珍しいとされる、緊張型の統合失調の症状です。しかし、訳分からないことを言っている中に、当人がそこまで壊れるに至った何かキーワードがありますので、SWさんと処置を検討する際の参考として、聞き逃さずにいてください。

ただ、2000人に1人、いえ、1万人に1人、真面目に面白いことを言っていて、理に適っていることもあります。自分がそのケースだと思っている人は、まず、メンタルクリニックに行きましょう。

Q8.幻聴、幻覚で悩んでいます

何を言っているのか、無視できないようなメンタルの方が難しいです。統合失調症の場合は、被害妄想的な「自分への悪口や指示」が幻聴や幻覚に多く現 れます。前頭葉の手術を受けた人、頭を打ったことのある人は、ご自身の病気を今一度調べてください。脳下垂体、甲状腺ホルモン異常だった経歴がある人は、 こちらも調べてください。ない方は、頭を一度調べていただく方がよいかと思います。内部腫瘍は、幻覚をもたらします。

もし、悪口ではなかった場合は、「必要部分だけ聞いておいてください。」「見えるものが、あなたに都合のいい情報になるよう、啓蒙を重ねてください。」。時として、厳しい意見だった時は、心を折れていただき、コンビニのご褒美はプリン一つまでとします。

 

Q9.水子の供養をしていません(ご自身や親等)、供養していない水子が気になります

すこし前のご先祖は、もっと大変でした。とやかく人のせいにしていないで、まっすぐ幸せに向けて、生きてください。何も知らぬ子は、親を慕って当た り前です。自我が出てきても、親の愛を欲しがります。祟るとかの前の状態です。祟る状態の子は、ティーンエイジになって、子が虐待されていることが分かっ ても、あなたが何もしてくれないと知り、絶望した時の子です。口減らしで、亡くなった老人も多いです。そんな祖先を放っておいて、身近な子供の事につけ込 む霊能者は、あまり質が良くないです。

あなたが幸せになった時、再度お迎えする気力で生きてください。

Q10.自分の記憶が飛びます

解離性症状でしょうか、離人症でしょうか。なんにせよ、あまりに記憶が飛んで困る場合は、お近くのメンタルクリニックにどうぞ。しかし、記憶が飛ぶ ほど、仕事をしている場合は、過労ですので、肉体疲労と精神疲労を取ってください。また、記憶力には限りがありますので、必要な情報はメモを取ることが必 要ですが、メモが取れない飛び方の場合は、疾患を疑ったほうがいいです。

何かに乗っ取られている場合、乗っ取られて困ることをしている時についてご説明します。

副交感神経が優位になると、本能ベースの欲求が抑えられなくなります。故に、過食、過眠多いです。セックスは、交感神経優位の際には、「できる」時 にしますが、副交感神経優位だと、「したい」時にします。あまりに、自分を押さえられない時は、憑き物のせいにしないで、自分の状態を自分で認識してくだ さい。

Q11.子供が家の中の或る一点を見て怖がります

うちの子もそんな時がありましたが、成長すれば見なくなります。電気が漏電している家や、大きな電力施設の近辺は、時としてこのようなモノを見る様です。多少怖いモノのの一つや二つないと、子供はわがままに育ちます。いいように「教育」に利用しましょう。

Q12.金縛りが怖いです

疲れているんですね。わたしも、疲れている時関係なく、金縛りにあいますが、あれは怖いですね。でも、楽しみましょう。ただちに健康に被害はありません。(苦笑)。

Q13.自分の意思とは関係なく自殺したくなる

医師の診断書に基づいて、少し仕事をセーブするか、休職いたしましょう。生活がかかっている場合は、自殺死体の画像を見て、自分の係累にこんな姿を さらして、何代か先までトラウマを背負わせてもいいかどうか自問自答しましょう。その上で、転職するなり、休職するなり、考えましょう。幾ら優秀でも、メ ンタルに響く職は適職ではありません。

ちなみに、わたしもありましたが、一番いい方法は、「自殺とは別の事を考えることです。」こんな状態に思い浮かべられない時は、「ラーメン二郎」で結構です。ばりかた、背脂多め等、色々好みの加減を考え付いてきたら、セーフです。

Q14.愚痴に付き合ってくれませんか

わたしは、嫌ですが、愚痴に付き合うタイプのカウンセラーがいます。森田療法です。カウンセラーは霊能者同様保険が効きませんが、物販は特にしませ んので、密室効果がなくて安全です。霊能者や占い師で、単価が低い場合は、併せ買い推奨で、パワーストンや、サプリを売らないと儲かりませんので、物販は つきものです。他は、単価が異様に高いです。

コストが高くても、暇でお金があるのであれば、電話一本で即応じてくれる方もいるので、そちらにどうぞ。愚痴専門、略奪愛専門、二股専門、生まれた 子供が亭主の子じゃない専門、亭主の女を殺した専門等、案件自体がディープな専門家集団は、お水の商売さんが、昼間にやっている相談室であると、聞いてく れる可能性が高いです。

 

こんな感じでどうでしょうか。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

感応精神病
霊感はある程度強い人と一緒にいると磨かれると言う。しかし、この本では、霊感が強いと言う「精神病者」と一緒にいると、一緒に妄想やせん妄が強くなるという説の感応型精神病。朱に交われば赤くなる。そんなノリかな。真実は、わかんないけれどね。
新興医学出版社

こんにちは。

 

感応精神病という症例がある。

基本的には、ある程度の妄想を訴える精神病患者に対して、「情緒的」に繋がった人間が、精神を同じように病んでいくのである。その情緒的とは、親子 であったり、兄妹であったり、同じ思想を共にする仲間かもしれないし、教祖と信者かもしれない。はてさては、友達同士かもしれない。

霊能は、よく霊感を持つと言う人のそばにいれば、同じように見えだしてくるという説があるが、そこを考えると、「同じような霊感を持ち始めるのは、感応精神病」ではないだろうか。

しかし、感応精神病は、過渡期にあって、緊張型の統合失調症(常に緊張状態)を送っていた人と、離れるなりすると、繋がりが切れるのか、ある程度収 まることがあるようである。大体、霊能関係の人や、宗教関係の人とは、最初の内は、「同じ思想」で純粋に動けたことがあったかもしれない。しかし、段々相 手が強さを増してくると、もう片方や色々な人間には、不信感を募らせるような言葉を吐くことがある。

「思想は同じかもしれない。」

「でも、到達点は人それぞれだから、価値観の完全な共有を目指すのは無理ではないか。」

 

そんなことを考えて、人は必ず相手に不信感を抱く、しかし、抱いたところで離れればよいが、それ以上一緒になると、まるで伝染病の様に、自分にも妄想が伝染してしまうのである。

職場の中でも、職場の雰囲気というものがあり、採用する側は、職場の雰囲気に馴染める人を採用したいと思うはずだが、どこかでミスマッチな採用を行 う事もある。前にも話した「ケミストリー効果」を狙う為である。なれ合いだけの職場では、何も進展するところがない。発展していく、飛躍した発想は、いつ も自由な自分の中に存在する。

職場の理念に賛同できても、完全に指導者の理念には賛同できない人だっているはずだ。

それが、宗教や、霊能者との集まりや、色々なところで、そういう不穏な動きが出てくる。

 

その輪を離れれば、レベルの低い人間との付き合いがなくなるのだから、いいことだと、誰しも思う。しかし、時として、レベルの低い団体を「自分より高位に見てしまう」傾向が人には必ずある。だからこそ、その低いレベルの人間に、一生懸命しがみつく人もいることは確かだ。

この感応精神病は、離れ、過渡期にいる精神病患者からの上手な隔離こそが、伝染を防ぐと言う考えだが、どうだろうか。今じゃ、ネット社会。見えない 電線で張り巡らされたこの世界の中で、わたし達は、割ろうと思えば、相手のいる場所まで割り出すことが可能で、下手をしたら、相手の住所も分かってしまう ことが多い。だからこそ、伝染は、ひっそりと、ネットを伝って伝染するケースもある。

例えば、強烈な発信元のブロガーと、その読者であったり。そのケースだと、ブロガーは、書籍を出す「ビジネスモデル」として、誰にも手が届きそう で、実は中々実行しにくい夢をかなえた人と、簡単に向き合う事ができるので、割と好まれやすい傾向がある。つまり、その布教を行う活動のツールとしては、 かなり色々な人に、「目の前で説得するからこそ生まれる警戒心」を抱かせないからこそ、好まれるツールでもあり、時として、人が道を誤ってしまうツールに もなりうる。

ネットは、正しい事だけが書いてあるわけではなく、あなたをどちらかの方角へ誘導したい人が必ずいる。

その人は、SEO対策などを行い、自分が検索上位に上がるように設定し、ランキングでは上位を装う。すると、人は、「こんなに知名度があって、こん なに支持されているひとなのか」と思い込んでしまい、その人を正しいと思うようになってしまい、同じような思想を持っていれば、なおさらシンパになる。

あなたは、そうして出来ている、ネット上の海を泳いでいる。当てもなく、暇つぶしかもしれないし、何か得られるかもしれないと、すがる思いで泳いで いるケースもあるだろう。しかし、あなたは、何をもって正常と言えばいいのか、それが分からないからこそ、泳いでいるのか、溺れているのかさえも分からな いだろう。

そこへ、もっともらしく、あなたは溺れている人だと言うひとがいて、「どうしたらいいですか?」と尋ねたら、答えてくれたとしよう。もう、そうなっ たら、あなたは答えてくれるまで、その人の開かない門を叩き続けるのだ。答えた人は、善意でも、段々、尋ねる人の依存症が強いと、うっとおしくもなる。そ うなっているかどうか、自分はどう相手に思われているか、ネット上で分かる判断材料はあるのか。その人が応えてくれなくなった、その人が短い文で終わらせ た、そんな些細なことから、色々邪推してみたくもなる。

顔色が分かる、対面より恐ろしいところは、そこにある。

そして、同じ感覚を共有していることについて、考えに考え過ぎると、病んでしまうのだ。

情緒的に繋がることが、簡単になったネットの世の中だからこそ、見えない相手との適切な距離がとても大事になる。自分は違うように相手を思ってて も、相手は同じように思ってくれている確証が何一つない世界である。男だと思ってたら、女だったとか、女だと思ってたら、男だったとか、同好の士と思って いたら、ステマだったとか、サクラだったとか、良くある話が、いまここにある。

 

あなたが、自分の思想に対して、思い詰めなければ、そもそも、感応精神病も起きない。文章半分受け取って、大人な対応で、あっそうですか、こう言う 事もありますけれど、こんなこともあるのになぁと思っていればいい事で、それをなんとしても相手に伝えようと思って、相手に要求したら、こんな世界は、感 応精神病だらけになってしまう。

話半分でいいのだ。へーそう、そんなことなんだ、だけれど、それで成功した人の二番煎じになりたい、それで成功した人の「対等な相手になりたい」 等、色々考えだすと、世の中は、欲が絡んでくると、難しいものである。下手すれば、現在成功している人の、足を引っ張ることもしかねない。

 

ただ、あなたは切羽詰っている。切羽詰っている人は、周りが良く見えない。周りが良く見えない時は、騙されるときだ。

 

だから、一旦上がったテンションがあって、もし、それであなたに不思議が起きてしまって、色々と考えることがあったとしても、心まで染まってはいけ ないんだと必ず思って欲しい。こんな時にこそ、心にどこか、熱くなっている自分を冷ややかに見る目がなくては、感応精神病になっても不思議ではないのだ。

相手と思想が同じでも、到達点が違った場合、絶対に自分の到達点こそが、人類を救う道だと考えてやまない人間がいて、「あなたに脅し」を複数人で囲い込みのような状態で行ってきた場合には、正直に言えば、そこからすみやかに、争いごとになる前に、離れなさい。

それ以上に、楽しい世界は世の中、沢山あるから。

 

 

秘密 −トップ・シークレット− 12

秘密 −トップ・シークレット− 12

俺の脳を見てくれよ。そんな熱愛にマジ出会うのが、霊能者です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

働く人のための精神医学 (PHP新書)
仕事していて、病んだ人を沢山見たことがあれば、自分も病んじゃうこともある。そんなの「当たり前」。当たり前に戦い続けることができる奴ほど、「実は既に、どこかがおかしいのだ」と、そういう本だ。んじゃ、皆、病んだ人ってことだよな。
PHP研究所

こんにちは。

 

本日は選挙日である。ところで、このところ、あまり見ないテレビを見ていて思うことがある。

マスコミやメディアは、本来中立な立場にあってしかるべきで、だからこそ、オフレコの情報を受け取ることができる。しかし、最近のマスコミは、「その情報を得られる立場」を理解しないで、「自分たちが世の中を変えられる」と考えて、中立を踏み外しているところが凄く多い。

よくよく見ていると、ネガティブキャンペーンだったり、どことなく、「思想を感じられる報道」だったり。

これが、結局マスコミとかメディアとかそういうものだろう。流す情報や流さない情報など、政府や何かが決めるのではなく、マスコミやメディアに決定 権があったのであれば、中立ではなくなる。そして、なぜ、それだけの情報を得られたのか、その立場について、再度考え直していただきたいと思うこともあ る。

よくよくテレビを見ていれば、恐らく、マスコミの思うような形に刷り込みされるような感じを受ける。事実、洗脳のメソッドに習い、実に忠実に彼らは、そのメソッドで、報道を行っている。

 

さて、他にも心理戦は幾らでもある。職場の心理戦。割と多くて、きちんと訂正しないと一方的に自分が悪いものになる。しかし、なんでも即訂正を求める前に、誠実な態度で人にあたり、周りを味方につける必要がある。

わたし的には、心理戦はあまり好きではないが、わたしはぶれないモノを持っているので、あまり心理戦に踊らされることがない。ぶれないものは、「給 料の額」であり、「評価」は二の次である。実際、評価が高いと言う話を聞いても、あんまり気に留めない。しかし、この時代、中々給料が増え続ける仕事に就 くのが難しくなったし、給料が増える仕事に就けるのは、やはりそれなりの「苦労」と「努力」と「それらが実を結ぶ実力」を持った人となる。

努力はしているけれど、実を結ばず空回りをする人はかなり多い。

わたしも、空回りした経験もあれば、実を結んだ経験もある。しかし、空回りしたときは、大体は「外部からの評価」を気にしているのだと気がついた。 「外部からの評価」を気にしないと、心理戦には非常に強くなる。理由は、自分の中で、「達成感の素晴らしさ」だけを追い求めているので、強いて言えば、自 分の満足がいくだけの努力を行えば、文句はない。

そこに他人の煽りが入る余地はないのである。

しかし、評価が気になる人は、他人の煽りや色々な問題が心を病ませるだろう。わたしも、15年前は、評価ばかりが気になって、役職が上がることしか興味がなかった。そうなると、心を病むことが多くなると思う。人の言葉に踊らされる面も多いだろう。

 

親として、受験に際しても心理戦は幾らでもある。親同士のコミュニケーションとか、子ども同士のコミュニケーションとか、とかく、できなくなった子 が、足を引っ張ろうと、心理戦に出たり、親が攪乱させようと試みることは幾らでもある。実際、幼稚園、小学校の受験を経験してきて思うが、受験期の母親の 言動は、意味不明である(笑)。

とにかく、相手にさぐりを入れて情報をとって、相手を貶めることを平気でする。あまり連絡しない人まで、連絡してきて、思わず、「公明党の選挙運動 か?」と勘違いしてしまうほどである。なので、そういう相手には、喜んで、話題をスライドさせて、上手に全然関係のない話で盛り上がらせて、相手をタイム アウトに追い込んでしまう。

そもそも、相手と我が家は、志望校も違えば、勉強も出来が違う。相手の方が優秀なので、そんなに煽っていただくような、できた我が家の息子ではない。しかし、息子が心理戦を受けて、家で涙を流すときは、時々言う。

「今から落ちるとか受かるとか考えるのではなく、悔いなくできたかどうかの自分との勝負が、受験なのだ」とね。

 

他でも、心理戦は色々ある。恋愛関係だと、心理戦はかなり大変な役目を担う。クリスマスのイブを過ごせる人が本命なのか、クリスマスが本命なのか、 そしてプレゼントは幾らくらいで、どんな日になるのか。相手のイベントに対する期待度は、どの程度か。勝負パンツを履くべきかどうか。まさに、恋人の真価 が試されるときである。長年の恋人は、来年ゴールインできるのか。そんな際にも、心理戦は非常に重要である。

 

流石に恋愛関係は、努力や運とかでは相手は動かないので、これは流石に占い師やなんかの力を借りたい気持ちにさせることは確かだ。

 

ところで、合コンの後の男子を見ていて思うことがあるが、「右かわいいよね、左あんまり、でも、左を誘ったら、右も誘えそうだよね。」と言っている。

 

うん。これが、まさに心理戦からくる戦略術。心理戦は、どんなところにも発生して、そして人は凄く煽られる。心を病んでしまうほどの追い詰め方をする人もいるし、人を追い詰めてもなんとも思わない人もいる。

あなたがもし、心理戦で悩むのなら、場から一旦遠ざかってみるか、遠ざかれる場所を見つけることをお勧めする。とにかく、心を落ち着けて、それでも 心が穏やかにならなくて、ひとまで不幸にしたいときは、一旦、感情が出せる「漫画」や「DVD」を見て、思い切り泣いてからひとにあたるといいと思う。あ なたの感情をぶつけられたら、相手が心中穏やかではないのは、当たり前だ。それが塵も積もれば山となり、結局、周りに嫌われては、意味がない。

 

 


合理的なのに愚かな戦略
ルディー和子
日本実業出版社
2014-10-23

恋愛マトリックス 相手を思い通りにする究極の恋愛戦略
ぐっどうぃる博士
ソフトバンククリエイティブ
2008-10-29
(ソフトバンククリエイティブは、中身のない、得られない、こういうキワモノが得意。)



    このエントリーをはてなブックマークに追加

「超常現象」を本気で科学する (新潮新書)
うーん。視点的には分からんでもないけれど、浅い取り組みだなって思うんだ。だって、その程度の事しか考え及ばないって事でしょう。20年先を行 く研究っていうのは、もっと視点が違う。周りから、狂ったのかと思えるような実験を思いつくもんだよ。これは、現在出ている疑問をクリアしただけに過ぎな い。
新潮社

こんばんは。

 

最近、幽霊が見える人、見えない人というのをどうやって区別するか、ということで、答えを問うたら簡単なことだと思うようになった。

好奇心があるかどうか、と、無頓着かどうか。

 

例えば、ファッションは、誰もが身に着けるものだから、誰もがちゃんと気を付けて着ているかというと、極めて無頓着な人もいるでしょう。アパレルの範囲で言えば、セーターだけで話をしても、セーターには、色々なデザインや、素材がある。それで、なにより、色がある。

それどころか、セーターでも、カジュアルなのか、それともスーツの中にインなのか、家で着るセーターなのかで、随分違う。

無論だけれど、色も凄く大事だけれど、素材も大事だよね。パーティで、アンゴラの毛のセーターを着てくる人は、忘年会に必ず一人はいる。立食パーティーに参加した時、そいつの横になったら最後、自分の着ている服に、その人のセーターの毛が移る。

でも、当人は、そんなことを考えて服を選んでいないと思う。華やかさをメインに考えているのだと思う。

勿論、ファッションは、ビジネスの場において、どういう場なのかによっても、色も変わってくるし、スタイルもデザインも変わる。男なら、ナローかレ ギュラーかは、非常に悩むポイントだと思う。他に、インするセーターもいるし、靴下も必要になる。服が紺系で、カバンも黒の人が、お洒落で、靴を「茶色」 にするケースもある。

しかし、だからと言って、ユニクロを制覇しているというレベルでは、決して語れないのが、お洒落の世界である。

女も男もスカーフやネクタイを考えたら、選ぶ選択範囲はかなり幅広い。それで、多少なりコーディネートしていく内に、「XX系お洒落」とか「綺麗目系」とかそんな言葉も出てくる。

それ以上に出てくるのが、たかがセーターですって言ったところの、セーターのブランドの多さだ。

たかが、ブラックのタートルネックでも、こだわればとことんこだわることができる。差し色だって、ショールやストール、カバン、靴、色々なモノがあり、それぞれにブランドが沢山あり、スタイル、シルエットに関して、尽きせぬ話題を提供する。

 

これが、即ち、無頓着な奴だったら、無頓着だろう。

 

昔買ったシャツとか、おかんが買ってくれたシャツ、おかんのセレクトした「パンツ」そんなところで勝負している奴の感性は、結局はお洒落の方向にアンテナが向いていない。

だから、ファッションを斜めみて、自分のファッションセンスが完璧という事ではなく、尽きせぬ疑問を投げかけ、自分に合った最善のファッションにたどり着くまでに、大変な労力とエネルギーがいるのだと思う。

しかし、これも、別にファッションに無頓着であろうと、ただちに健康に被害があったり、生きたり死んだりするわけじゃない。

 

幽霊も、同じ。呪詛も同じ。憑き物落としも同じ。

無頓着な奴の処に、行っても相手にされない時は、結構道端に落ちてしまうモノである。

電車の中で、マスカラを塗る女は、電車の揺れと、自分のマスカラの量と、恐らく鏡と、乗車時間、そんなことしか眼中にない。幾ら、誰かが、「電車内 で化粧をするのを止めて」と思ってにらんだとしても、その女性にとっては、「マスカラが綺麗に塗れて、美しい自分で出社することが正義」な訳だから、そん な呪いが通用するとは思えないね。

むしろ、こういう女に堪えるボディーブローは、「失恋」である。

ファッションも、カジュアル系から、綺麗目系、ワイルド系からラグジュアリー系等色々あるけれど、基本、着ている人は、「自分なりの正義」で着ている。だから、ある程度何か言われても、TPOに恐ろしく抵触しない限り、こだわりを突き進むと思う。

会社でがっちがちなら、私生活で弾けるファッションもある。

さっき話した、アンゴラを着る女性の移り毛で、自分の服が台無しになる人もいる。それで、潔癖症のあまり、その毛をなんとか祓いのけようとか、もし くは、移らないように、その着ている人を避けるとか、逆に、過剰防衛して本末転倒になる位なら、逆に、移り毛が移っても大丈夫な服で行けって思う。シルク やサテンの服は、アンゴラを着る人が横に来ても全然かまわないからね。

過剰防衛して、自分のこだわりを守ろうとする前に、発想を変えればいい。どうしても、ある服を着て行きたいんだったら、完全に防げないってことも理 解した方がいい。ふと、帰り道の電車の中で、思いっきり移されることもある。思いもよらず、好きな男のゲロで汚れることもある。大切過ぎて、トイレで自分 が汚すこともある。

 

だから、お札とか、何かより、恐らく、分かりやすい呪詛や色々のモノのしがらみを切るのは、「自分なりの正義」を内に秘めることが大事だと思う。

 

ただ、「自分なりの正義」は、決して自己中心という訳じゃない。わたしは、通常、変な霊能者の人と違って、コスプレをすることもないし、変な数珠を ぶら下げることもない。わたしは、「外見が正義」と思えるので、対峙する相手を威圧するファッションで出かけるだけのことだ。憧れの人を攻撃する人は少な い。かと言って、お高くとまっている人は嫌われる。

そこから、親しみやすい雰囲気を持ち、ついでに、憧れるような雰囲気をまとっている人を攻撃する人は少ない。だから、わたしはそういう雰囲気を作って歩いている。

勿論、多少なり、勘違いの人は寄ってくるけれど、まぁ、そこはそこ。どこまで奥深く、はいるかは、ファッションの極道である。しかし、低レベルな人 を寄せ付けない一番の道は、なんといっても体型にも依存するので、食は大事である。後は、着古してあっても、清潔感が漂う気品を持ち合わせるのは、肌や髪 によるところも多い。健康さをかもしだすのは、肌だからである。

そんな中で、もし、あなたが、幽霊と縁を切りたいと願うのなら、簡単である。

 

あなたが、幽霊に無頓着になればいい。ただ、寒ければ、人はコートを着込むのと同じように、疲れてくれば、見たくないものも見えるのは当たり前のことなので、それに負けるようなメンタルの弱さを、どんな正義で、あなたが補強するのかは、自分だけの楽しみでしょう。

 

それで、時々、勘違いした様に、金髪に染め、危険な三白眼に、痩せ衰えた体に、ボディコンを着込んでやってくる人もいるけれどね。年齢相応って事も大事だ。だから、サイコホラーのような外見を作るのだけは、止めておいた方がいい。

それは、付き合いだした男との初めてのベッドインのタイミングに備えて、勝負下着として、「エロ下着」を購入して履いてくるのと同じくらい、インパクトがでかい。インパクトでかすぎると、振られるのは当たり前。

 

まぁ、極めれば、どんな道も、似たようなものだよ。

 

 


秘密 −トップ・シークレット− 1

秘密 −トップ・シークレット− 1

こんな風に死後に思ってたことを公表される時代が来るのかもね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか
正面から見て、ある程度の周囲は、カラーでも、それ以上はモノクロに見えると言う。今のわたしには、全方向、全周囲、カラーに見えるんだと、最近気が付いた。
文藝春秋

こんにちは。

 

ある異変があった。でも、それを使用している機械が、そもそも、そういう仕様なんだろうなとは思えないけれど、ある時、誰もそれを「仕様である」と思いこもうとして努力している時に、長男が言った。

「さっきから、音楽のボリュームが、上がったり下がったりしているけれど、なにをいじったの?」

 

うーん。わたしも分からないんだけれど、ただ、アンプにつないでいるだけなのに、上がったり下がったりしている。おかしいというより、耳障りなんだけれど、これも仕様なんだと、正常にいつも同じボリュームに聞くことはできないんだと考え込もうとしている矢先だった。

丁度、うちに来てくださっている人も、かねてよりその異常に対して不安感を持っていて、だけれど、誰も何も言わなかったし、疑問だと思わないようにしていた。

でも、そんなこと考えたら、幾つでもある。

誰もいない部屋の、誰も出入りしていないところで、音がして。服をかけておいてないのに、服がハンガーにかかっていたり。それで、色々と話になったのだけれど、わたしは、なんか、そういうことまで、「あるべき姿に整えるのは嫌だ」と告げた。

わたしの父は、物理博士だったけれど、若い頃から占いを調べるなど、割と迷信的なモノが好きな人だった。好きというより、彼氏の身に降りかかる不条 理の理由を調べようとして、占いに手を出したのだろうと思う。その時、父、大学生。恐らく手に取ったのは、算命学であり、他に、九星気学等も嗜んだ。

しかし、父に出たのは、「不条理が続く」だけであり、結局父は、占いは、将来を変えるツールにならないので、意味がないと言うようになった。

 

わたしは、幼い頃から、眉村卓等を読んで超能力者になりたいと思った。時間軸を歩き回ったり、テレポーテーションとか、様々なことがやりたいと考えていた。しかし、中学や高校の時はそんな感じもなく、ただの「透視」ができるひとだった。

でも、最近少しずつ気が付いたのは、自分が人を見て見えるビジョンがダブっていたら、将来この人はこう変わるんだろうという、確固たる確信が持て た。なので、ビジョンについて、ダブって見えたものが、「いいこと」だったら、これは相手に話さないでおこうと思った。その理由は、話してしまうと、「ビ ジョンが変わってしまう」からである。

いいことだったら、話さない。わたしのジンクスにも、「何かしたいと思う時は、ひとに願いが叶うまで話さない」という事がある。だから、絶対に、人 のいいことも、自分のいいことも話さない。話したとしても、抽象的に、どんな解釈を着けてもいいように話す。相手が、そのビジョンを壊さないように話す。

 

中年になって、大きな病気をして、死ぬような目に幾つかあってきた中で、勘は冴えわたり、人の事もかなり見えるようになったけれど、人が話してもい いような雰囲気にならなかったら、絶対にその話をしないこととした。受け入れてもらえる雰囲気がなかったらダメだし、受け入れてもらうどころか、依存症に なりそうな時は、言わない。でも、時々、ご神託の様に話し出してしまう癖はある。

遠い向こうを見ることも、気配を感じることもできるようになった。

 

しかし、わたしは、仕事上でパソコンを見る時以外は、メガネをはずして、目を使わないようにした。

 

目を使えば、目に集中力が行ってしまうので、音が聞こえなくなる。元々聴覚が異常に音域が幅広く聞こえるので、色々な音を拾う。音は色々な色になってわたしの前に、まるでセルロイドの色紙を挟んだように見せてくれる。大変不便だと思うようになった。

幸せや、嬉しい音は、「小さな音で高い音でしか聞こえない。」災害は「低い大声で聞こえる」事ゆえ、聞きもらさないようにしようと、眼鏡をはずして、目に集中しないようにしているのか、もしくは、見ないようにした。文字通り、物理的に無頓着になろうとしたのである。

 

透視も、黒い箱の中にあるモノは、隠されても見えるけれど、白い箱の中は見えない。恐らく白の箱で、光が弾かれるからではないかと思ったりもする。しかし、現実面で、わたしが見えている色は、所謂「常識」と言われる概念では、ちょっと違う事にも気が付いてきた。

わたしは、日常の中で独特のこだわりを持つ。例えば、消しゴムは、「mono消しゴム」以外は嫌なのである。

理由は、わたしはモノを色で認識しているので、形で認識していない。なので、消しゴムは、「青と白」であるということで使っているが、これが、香り 消しゴムだとすると、手に取って消そうとした段階で、鼻に匂いが来たら、食べ物だと考えておいてしまう事や、間違って口に入れてしまう事もある。

他にもめんどくさい点はある。ティッシュペーパーの箱が青だったら、青で探すので、目の前にあっても気が付かない。形状や形を見てはいないのは、 「情報量が過多にならないよう」自分でコントロールしているせいである。箱の色が変わったら、箱の色が変わったことを覚えなおす。

なので、こだわりが半端ない面もあるし、石の中に見える情景がある時もある。そういう時、中々人に理解を貰えないけれど、自分が見える情景があるの は確かである。絵を描くのは、ヘタウマでも、色を塗るのは大変な苦行である。例えば、画家の母が見える色を、わたしの目で見える色で、パレットに調合する のは、わたしにとって遥かに難しい事なのである。

ここから、石でもただ買わされるだけでは満足しないのは、自分なりにこだわりの色があるからなのだろうと思う。後、人に会う石を見立てる事ができるのや、石に異常なこだわりがあるのは、恐らくその中に見えるものがあるからだろうと思う。

他人と話す時、時々、後ろの人があれこれ言う時がある。それを聞きたくない時は、眼鏡をかけて目の方に集中力を増やして、耳の情報を少し落とし、あ えて聞きたい時は、メガネをはずして耳の情報を多くする。わたしは、人に対してあまりいい人間ではないので、後ろの人のアドバイスなんかを聞いて踊らされ て、話したがることはないけれど、話さなきゃいけない時だけ、話すことはある。

 

ところで、自分って「発達障害だよね」と言う時があるが、「発達しすぎた障害」とか、「人類全員が発達障害だ」と言われることもある。

人間って、本当に画一的にできていなくて、だからこそ、事象の受け止め方がかなり違う面や、性質、性癖がかなり違うように、人生の中でできてしまうのも仕方がないんじゃないかと思う事がある。

自分の見え方が普通と違うので、どうにかしてくださいとすがる人もいるが、「デフォルトだと思えば、それでいいのだ」と最近思っている。あなたの家 に幽霊がいても、凄く、健康を損ねなければ問題ないし、健康を損ねるのなら、何かした方がいい。でも、「いつも悪口しか言わないモノが見える」時は、病気 を疑ったほうがいい。

わたしに聞こえるものは、「今や、今が銭の稼ぎどきなんや!」という声(笑)なので、この声に踊らされ過ぎて、仕事をし過ぎたけらいがある。確かに、今月の給料は、ボーナスを含めて多かった。

だから、あなたが周りとは違う傾向を持っていても、それを上手に生かすように回していく努力をしないと、パレットに、他人が見えた色を作れない時のわたしと同じように、苦しむこととなる。

 

PS:誤解のないように言っておくと、赤と緑の区別はできる。しかし、黒と緑の区別が多少つきにくく、昔からコピーしてくれと言われて渡された書類 が、深緑色に見えるので、カラーコピーでコピーしたら、「大変な損害だ」と怒られたことがある。多少なり、霊能で使う色が、黒なのに深緑色に見えてコピー しても、同じ色にならず、苦労したことがあった。

あと、赤と紅の色の区別はつく。紺と黒の区別はつく。黒の色の違いは、明暗のコントラストで見ているので、素材や質感などはわかる。

若い時、色弱かと思ったが、違った。眼科で検査して貰ったら、めんどくさい眼鏡を作る羽目になり、そのメガネだと、「一般人と同じに見える」という。けれど、わたしには、バランスが取れない眼鏡となり、結局かけていない。

モノの見方が違うだけで、幽霊を勘違いしているのかと思ったが、幽霊からは生体反応が出ないので、それはそれで、コントラストなどの見方をしていれば、分かることは多いし、当たることしかない。


よくわかる色彩の科学 (図解雑学)
永田 泰弘/三ツ塚 由貴子
ナツメ社
2007-07-10


    このエントリーをはてなブックマークに追加





こんばんは。

瞑想でどこまで何ができるかという事を、実際に実験したことがあります。他に、ヨガで心拍が落とせるのかどうか。落とした際には、どんな感じなのか、また、実際に、「カテーテル検査」の際に行ったこともあり、その際に、その状態の心電図を医者に診てもらったことがありました。

通常、こんな実験をやる人はいないかとは思いますが、実際にわたしは、不思議だったので知りたかったのです。

そこで得られた結果としては、

瞑想で落とせるポイントとして、ベータ波、アルファ波、シータ波、デルタ波と呼ばれる幾つかのモノがあります。アルファ波は、ちょっとリラックスした際の感じで、最近騒がれたのは、シータ波と呼ばれる、寝落ちする前の完全なリラックス状態、デルタは、既に、半分うとうとした状態だと記憶しています。

若い頃、アルファ波の音楽が流行りまして、その当時そういう音楽を故意に作れるのか、だとしたら、どういう音階がふさわしいのかを研究する機会があり、その機会を思う存分利用させていただき、刷り込み(サブリミナル)を含めた研究をしたことがありました。

その当時は、アルファ波で精一杯で、それ以上の試みは余りありませんでしたが、実際に自分の体験として、高校の時、あまりに英単語の記憶が悪いので、寝ながら記憶したことがありました。
実は、寝ながら記憶すると、かなりの英単語を一気に覚えられるので、大変に便利でありました。ですので、追試の追試位になった頃、熟成されたわたしの「記憶力」方法がむっくり目を覚まし、英単語を一気に覚えて、追試をパスするという事がありました。

しかし、この記憶は意外と一日持てばよい方で、あまり長時間の記憶に繋がりませんでした。
そこで、改良に改良を重ねたのですが、量は増えるけれど、決して持続は良くないという結果を導き出してわたしの高校の時の実験や、大学の時の一夜漬け試験はこんな形で、終わりました。

アルファ波の誘いに乗ったのは、たまたま、大学に入った時だったのですが、大変面白い試みだったので、そのメロディにおける規則性を探してみようと思いました。それ以降、すっかり忘れてしまったのですが、病気になった際に、シータ波というビジネスが横行していることを聞き、それなら、自分でシータ波、デルタ派まで行こうと考えました。

さて、これらですが、基本は、ビートの速い音楽を聴き、それに心拍と呼吸を合わせていくようにします。その後、少しずつ、少しずつ、ビートを遅くし、ゆったりとした音楽に変えていくように、選曲をしていきます。すると、完全に最後の方は、大体はキリスト系の音楽ですが、完全に、起きているけれど、デルタ波まで移行する事ができました。

この曲の選択を覚えて、ビートの速い時には、チャクラの色を「第一チャクラの赤」から設定して、一曲で、チャクラ2つを制覇するように少しずつ選曲をしていくと、最後の方は、「第七チャクラの白」までいく事ができます。すると、完全にその時は、
「理性的な受け答えができない程、おっぺけぺーになった自分がいて、その自分でいると、リラックスすることができる」ことに気づきます。

しかし、これは、自分で作ることができるのですが、わたしだと、選曲が平井堅とか、ビリージョエルとか、色々なモノが混ざります。そして、この曲を歌いこんで、リズムを完ぺきに覚えてしまうと、既に聴くことを必要とせずに、思い出して口ずさむだけで、心拍も、波長の変化も思いのままとなります。

非常に呼吸も大事なことなので、呼吸をしながら歌うってことが、覚えていく大事なヒントとなります。

そして、心拍を起きていながら、デルタ波まで落として、カテーテル中の医師に確認して頂いたのですが、「真夜中のわたしの心電図の波形」と同じものを、切羽詰った緊急時に作ることができました。

では、その一歩手前の「シータ波」では、どうなるんでしょうか。

これは、子供が寝る前になって、眠くなってくると、段々手があったかくなりますね。あんな感じに、自分が緊張して張りつめていた体温が、上がってくるのです。この状態が、体にいいとされるのは、体内の体温が上昇して、自己免疫力が上がるからでしょう。
しかし、これだけでは、結局は、何の効果もありません。ただ、体温上がったね、良かったねで終わりです。

ここのこのシータ波の最中に、しっかりと記憶したいことを、寝落ちしながら覚えると、記憶は増えます。ただ、一時的な事であり、本当の記憶は、何かと何かに結び付いてこそ、長期記憶に繋がるので、なかなか、あなたの記憶にずっと残らないのであれば、この記憶方法ではダメなんです。
わたしの真の記憶力の良さは、「不謹慎な出来事」に結び付けて覚える癖です。いつも、ブログでお話ししているように、「089−4989」となったら、「オバQ、四苦八苦」と覚えるなり、「ゆれたおっぱい、Eカップ」とか、そういうエロ系に結び付けて覚えるから、記憶力がいいんです。
ただ、人に誇れる記憶ではないので、時々、どうやって覚えたかを言えと聞かれると、大変つらい思いをします。

さて、寝落ち寸前シータ波は、割と面白いですよね。

でも、それ以上の状態で、果たして疲労や、何かが取れるかと言うと、実際のところ、疲労物質を流すのには、わざわざ、寒いままで、シータ波にならなくても、風呂に入ってあったまって、その後、段々冷めていく段階で、容易に、風呂で温まった体温が、体内の疲労物質を流してくれます。そうなると、あたまもぼけっとするので、あたまの疲れにもいいのですが、頭の疲れは、できれば、シャンプーの際に、しっかりと揉んでいただいて、そこで、解していただきたいと思います。

頭も結構、凝りますからね。血行促進は、揉みで解すべきです。

しかし、さてそれ以上の効果を、瞑想や妄想に費やす場合、大体、寝る前って、自分が考え込んでいる事柄に対して、自分に無理のない連想ゲームをしていくようなもんなんです。

かっぱ → かっぱ巻き → すし → いくら → しゃけ → セブンイレブン → おにぎり → こんぶ・・・・。

わたしが、恐らく寝落ちする前に、河童の事を考えて寝落ちしたら、こんな感じです。セブンイレブンは、単語的に長いですね。こういう場合、ここで覚醒してしまいます。なので、そういうケースは、コンビニで決まりです。
つまり、自分に無理のない連想は、前の単語の文字数より、若干多めか、少な目、そして、できれば、濁音を避けるなりしていくようなんですよ。

だから、あなたも、あんまり、頭が色々な案件で一杯になった時、まさか、こんな脳天気な連想ゲームを楽しめる状態にはありませんよね。でも、寝るってそういうもんなんですよ。無理のない状態に自分で自分を導いて、眠りにつくんです。
寝た後は、レム睡眠とノンレム睡眠の交互で、あなたの体は休まったり、脳がキャッシュをクリアして休んだりします。脳の記憶に対する整理は、寝なくてはできません。よく病気の方が、「寝なくても全然平気」とか、「万能感」を繰り広げて、周りを困らせますが、ロングスリーパーはロングでショートスリーパーに変化する事は少ないです。

少なくとも、わたしはそもそも、ショートスリーパーですが、無理に長く寝ます。そうしないと、頭のキャッシュがクリアにならないからです。そもそも、記憶力が非常に良いので、キャッシュのクリアに時間がかかります。

出ている脳内物質をきちんと抑え、自分が心地よくなり、多少なりとて、安全空間なり聖域で眠ることは凄く大事なことです。
人にとって、「就眠儀式」は大事なものですが、その就眠儀式は、リラクゼーション音楽を聴く人も、お香を焚いて眠る人も色々います。しかし、どんな方法でもいいので、必ず寝ることが大切です。また、良い睡眠は、よい記憶力を引き出します。質の良い睡眠をどれくらい取ったか、それで、記憶力もやる気も、落ち込んでいた気持ちも随分と変わります。

就眠儀式の中で、以前わたしはアロマを愛用していました。
最近は、寝る寸前まで、Twitterを読んでたり、コミックレンタを読んでたりします。それで、時間を見て、そろそろ寝ようかなと思って目をつぶると眠れるようになりました。
まぁ、日常、きちんと体を動かすから眠れるのですが、この肉体疲労も程ほどがちょうどよい眠りを呼びます。

そういうことで、瞑想していく中で、あなたが困難だと思う面があるとは思いますが、あまり期待しないで、修行中の僧侶が、「覚醒した!」とか言い出したら、多少、「統合失調症」の気を疑って、それと、肉体疲労と精神疲労の面を疑って、あげるといいと思います。

カルト宗教施設では、大麻を暗黙で焚いたり、睡眠薬を飲ませたりします。そうすると、夢うつつの状態になり、「覚醒した!」と勘違いするようになるので、お手軽な「覚醒グッズ」ではあります。
しかし、大麻は世界的に合法化の動きはありませんし、そもそも、そういう風に煽る人は、数年前からいて、しばらくはいなくなったのですが、針小棒大に騒ぐ陰謀論コンテンツのひとつです。

しかし、麻畑で、お手伝いをすると、妙なワッフル感は出てきます。しかし、一時的なものです。

安易な覚醒グッズを使ってまで、人は何を求めたいのか、危険ドラッグを含めて、わたしが思うには、「究極のリラクゼーション」を探しているのだと思います。セックスも、リラクゼーションになりますからね。お好きな方はお好きでしょうし。
しかし、全て自分でやろうと思えば、オリジナルは作れますし、意外と簡単です。極めてみる分には、害はありませんが、ただ、睡眠時間を少なくして、とにかく、肉体疲労の蓄積した後の覚醒感に囚われていただきたくありません。

霊能力と統合失調症は、いつも隣りあわせです。
あなたが、もし、自分のドーパミンの蛇口を壊したくないのなら、できれば、限界を感じたら、限界でとどめていただきたいと思います。ただ、得られたと思った霊能力も、実は、山を下りたての修行僧は、勘が冴えているけれど、しばらく俗世間にいると鈍ってきます。
それと同じく、定期的にやらないと鈍ってしまいます。すると、あなたはその状態を飢餓感に襲われたように、また身に着けたいと願う。狂ったように修行したがるあなた、狂ったように麻薬を欲しがる人と似ていませんか?

流石に、健全ではないなと思いますけれど、いかがでしょうか?




ニーチェ先生〜コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた〜 1

ニーチェ先生〜コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた〜 1

ニーチェ先生〜コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた〜 1

これを読むと、コンビニ店員は悟りへの修行だと気づく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。

 

関係妄想には、意外と反響があったようで、皆さん、コメントをお寄せくださっています。公開できないコメントもあるので、ごめんなさい。その中で、ある方のコメントはある意味抜粋に値すると思うので、部分抜粋を致します。


>思うにスピリチュアルの世界は弱者がさらに弱者(または昔の自分)を食い合う世界であり、気が付いた人がドテンして騙される側から騙す側に変わるのではないかと。
>自分を恨んだり憎んだりされないために神の存在をにおわせて、憎しみはカルマになるとか散々脅しつつヒーリングやアチューンメントを受けさせる。

>本当に豊かに生きたいなら霊能者やスピリチュアルに関わらないのが一番なんですね。

>家族が病気になったとき、酷い言葉(自分が引き寄せただの、あなたの心が現れただの)を言ったのはスピ系の人達だけで、普通の人達は戸惑いながらも暖かかったです。

 

わたしは、自分が器質性の障害を背負っているので、精神論では何ともならないことから、実は、整体も鍼も、アロマも、極力、「spiritual」 の要素がある人からは、遠ざかっています。メニューにリコネクションがあったら、絶対近寄らないですし、レイキでもなんでも、あれらは、セラピーの補助的 要素が強いのですよ。だから、オイルトリートメントでも、フェイストリートメントでも、相手を鎮静させる目的で、目に手を当てたり、耳に手を当てたりしま すけれどね。レイキ等は言わなくてもついてくるオプションのようなモノですよね。

それを、逆に売りにしている人がいたら、やっぱり遠ざかりますね。

そういうことに興味があるのはいいのですが、お客さんに「あなたがそう言う事に興味がある」という情報を開示するということは、

1.あなたはお客さんからネガティブを貰っていると思っている/過剰防衛

2.お客さん商売だけれど、お客さんを負の部分ごと受け止めようとは思ってない/適当な商売

3.お客さんに負があることを当たり前とし、負を排除するのは、追加メニューにしようとしている/そのメニューを受けない人は、あなたの負まで面倒見ませんと無言の意思表示

 

ここから、ざっと考えると、「お客さまは負の塊です」と思っていると、大きく考えても問題はないと思います。

基本、整体師も、鍼も、アロマも、そしてヒーラーも、接客業です。接客している相手に、「大きな負があって、とても嫌そうな顔をしてみせて、それを 取り除けるのは自分だけだ。」というアピールは、お客さんに失礼だと思うのですよ。そして、あなたが、相手の負に負けているってところでしょう。技量のや り方を変えなくては、結局は何一つ変わらないと思うんですよ。

自分をspiritualだと言うことは、どれだけ危険なのか、少しは分かってていただきたいと思う面もありますよね。

そして、どれだけ、このspiritual商売が、手を変え品を変え、人を食い物にし、結局は、神の名の下で「あこぎなしのぎ」を削っていることには、他ならないんですから。

新興宗教関連は、まぁ言うまでもありませんが、他国に金を流そうとしている面があるんですよ。それで、馬鹿なspiritual関連の方が、別の国 に会社登録をして、日本で得た収入を脱税しようと勧める人もいるんですね。それは、法令違反です。以前にも、スピで、クレカが使えるので、使ってみたら、 シンガポールで引き落とされたことがあって、怖い思いをしたことがあるんですよ。

spiritualって意外や意外、犯罪の温床でもあるんですよ。

 

だから、寝ている宗教法人を買い取って、やりたい放題する人もいますし、それこそ、脱税や、合法的に資金洗浄をすることや、色々な方法で、お金か ら、「銭臭い」匂いを消すのに躍起になるのですよ。前に、1414でござる等と言って、アセンションを煽った集団は、大麻の合法化に向けて、政治活動をし ていましたからね。あれも、確かリラックスするのでしょうけれど、どうなんですかね。公にならず、制限のない状態で使っている人にとっては、危険ドラッグ と同じでしょう。

みんな、リラックスして努力しないで金を稼ぎたいって意図がみえみえなんですよ。犯罪一歩寸前で、人にやらせて、自分はけつまくって逃げる。そうい う集団の集まりでしょう。異論でも唱えようものなら、結局はその集団の使った不明瞭なお金の始末を押し付けられて終わりですよね。そうじゃなきゃ、「一方 的に帰依して、お前の全財産、お布施しろ」と言われて、終わりでしょう。

あんまりやると恫喝になるんですが、明らかな恫喝行為を、「神」でお茶を濁して、「心霊」でお茶を濁して行うから、spiritualは嫌われるんですよ。

 

普通にタロットをめくって楽しくないですか?楽しいでしょう?純粋に楽しめたあの頃はとても輝いていたでしょう?けれど、一遍ふたを開けたら、あな たはそのタロットで誰かを支配したくなり、ふっかけたと思った金額が手に入れば、もっともっとと思う。世間知らずがつける値段で、世間から見たらおかしく ないですか?と言う話をしたら、ブチ切れするじゃありませんか。

純粋なお遊びの中に、いつしか、巨大な金が絡むようになった。このspiritualの分野は、いつでも誰にでもニーズがあり続けています。だか ら、誰もが権力や名誉欲、そして金銭欲を満たそうとしてやりたがる、「2000年以上続く楽して儲かる簡単なお仕事」なんでしょう。

顧客が予約と言うお金を持ってくるのが遅くなったり、客足が途絶えれば、名前を変えて再デビューし、破廉恥三昧を繰り広げ、あさましさ、餓鬼の如しですよ。数年経ったら、禊のような面構えで、稼ぎに来るちょっとどこか倫理概念がおかしい人も多いですわ。

今や、坊主も神主も併せて、抱き込んで、パワースポットで儲けようとしているじゃないですか。

あれも、世界遺産に合わせて色々やりますわ。ホント、日本のあちらこちらに、銭ゲバ野郎がいるのが、困りものですが、世の中、銭を回してナンボの経済成長ですから、多少なりとて仕方ないかもしれません。

しかし、まぁ、どんな客を相手にするのか、相手に対してどんな情報を開示すると、どう思われるのかは、やはり客商売ですから、spiritualは 特に気を付けないと、危ないですね。情報の開示の仕方も、うまく立ち回らないと、お客は弱った心で来るので、弱っている人を食い物にしたら、どういう因果 関係が待っているか位は、容易に想像がつくでしょう。

でも、世の中、悪人ほどのさばる傾向があるので、そんな因果なんて始めから感じないという、鈍感すぎる霊能者というのも、まぁ、エンターテイメントとしては必要なのかもしれませんね。そもそも、因果が分からなかったら、霊能者ではないという突っ込みは、置いといてね。

 

続く。

 

豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換
イハレアカラ・ヒューレン
ソフトバンククリエイティブ
2009-04-24
(ホ・ポポンデッタ(苦笑)で、ちゃんと儲かっている人を見た試しはありません)
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
エリック パール
ナチュラルスピリット
2006-06
(ヤバメに指示された、禁断のカルト書。ここまで来たら、自分のPTSDを癒しながら、金儲けもたくらむと言う点で、一時期トップセラーでしたが、落ち込んでしまった、DNAアクティベーションと同じ立ち位置です)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩波書店って間違いのない本を出すことで定評ですが、ガセネタが時々ないと金儲けができず、売り上げによって企業維持できないことを如実に示した企業)

こんにちは。

 

精神薬を急に止めたいと思って、離脱症状に悩む人がいます。

色々と薬を飲むことにそこまで、「恥」という概念があるのかは、睡眠薬が好きなわたしとしては理解できませんが、人それぞれの価値観があるのでしょ う。しかし、適切な時に適切さを守れば、依存していくことはないのです。依存していくことがあるのは、あなたにもわたしにもある、心の弱さです。

薬は、簡単にわたし達の症状を消してくれたり、わたし達を緩和してくれるために、もっと欲しくなるという性質があります。

しかし、あなたが自立していく為に使うのであれば、そこまで依存は起きないものです。依存心が出るときに、心の内部に出来上がるのは、「飲まないことによる強迫概念」にしかすぎません。

関係妄想として書きますが、薬の依存性を断ち切る、もしくは強迫概念を打ち切るには、霊能力なんて役に立ちません。

 

当たり前すぎて、どこから説明したらいいかわかりませんが、依存も強迫概念も、どちらも「取り憑かれて」できる症状じゃありません。あなたの「脳」 や「心」が作り出す産物です。それを、気功でどこまで破壊できるのかは、その場に溜まった「思念」位なら破壊できますが、定常的に作り上げられる、強迫概 念に打ち勝つためには、己が強くなるしかないのですよ。

強迫概念を楽にしてくれたとしても、数日後には、またあなたの心には安寧が訪れなくなります。あなたは、飲まなくちゃならない強迫概念にかられ、以前よりもっと薬を飲みたくなります。その位、薬物依存から立ち直るって、凄く辛い事なんですよ。

 

わたしは、かつて、アメリカで、医療事故として、睡眠薬に依存し、依存性が強い薬だったので、それを断ち切ることは不可能でした。唯一できる策は、 アメリカでは許されていない薬を代用することで、なんとか症状を抑えられると自分では分かっていたのですが、住処がアメリカでは仕方ありません。ネット輸 入もない20年以上前の出来事だったので、医者は、州を越えて逃げました。

薬依存から立ち直るのに、結局、日本に帰国して7年かかりました。元々が、依存症気味のわたしだったのですが、10代の頃、睡眠薬が好きでしょうが ない時に、一旦断薬してみようと思い立ったことがありました。その当時は、睡眠薬に耐性ができていて、自分は効いている睡眠薬が好きなのではなく、恐ら く、寝る前に薬を飲むと言う行為が好きなのだろうと思いました。

そこで、大変に飲み込みにくいビタミン剤を医者より処方してもらい、寝る前の就眠儀式として、その馬鹿でかいビタミン剤を数個飲み込んだのです。

結果は、OKでした。薬物性の揺り戻しに遭う事もなく、この手は、わたしの内部を見事にだますことに成功しました。しかし、その一年後、余りに付き 合った男が酷過ぎて、ついまた、睡眠薬に手が出てしまいました。眠れなくなるほど悩む位なら、寝てスッキリしようと思ってしまい、そこで、酩酊感を感じ て、今度は酩酊感の虜となりました。

酩酊感を打ち消すには、アルコールが一番なのですが、実はアルコールは、飲めば飲むほど、睡眠の質を浅くします。と言う事で、酩酊感を求めていたけ れど、アルコールに対してあまりいい印象がなかったわたしは、結局、もっと酩酊感のある睡眠薬を欲するようになりました。仕事で、ガタガタに働き、交感神 経は、簡単に緩まず、眠れない生活を送り続けることは、わたしには、恐怖でした。

結局は、薬って、その効き目の内の何かの体感に依存することって多いのですよ。精神薬であればある程、感覚を麻痺させたりしますから、その感覚に酔 う人も多いでしょう。それを急激に止められるのは、それまでの量を少しずつ減らして、安心感という信頼性を、自分と自分の中で強化してこなくてはなりませ ん。

それを、自身への信頼感が、世の中で一番薄い人が、いきなり、かけていたはしごを外すようなものが、断薬です。代わりになる代替策があれば、気も紛 れますが、そこまで信頼しきれるものがないあなたが、信頼しきっていた薬を切ることは、断腸の思いに等しい事だと思うのですよ。

 

それを、霊能者が、見事にすっぱり断薬の手伝いをしてくれたとします。すると、あなたの信頼は、どこへ向かうかわかりますか?

その、断薬を手伝ってくれた人への信頼感が強化され、見事に今度はそちらへの依存に切り替わるだけなんですよ。結局、あなた自身が強くなって、あな た自身が、誘惑から打ち勝って、そしてストレスを昇華させていかないと、あなたは、次から次に依存先を変えていくだけの「寄生虫」のような存在になってし まうのですよ。

薬に持っていた信頼感はあっても、止めたいと思っていたとなると、心の中では飲むことに否定的だったのですよね。でも、それを公的にあなたが、表に 表してしまって、他者に依存替えをすることが、凄く間違った行為だと思うのですよ。もしくは、アルコールですか。ストレスを抱えている人は、大方薬が好き だったり、アルコールが好きだったりします。ひどく簡単に、あなたを緩ませてくれるからです。でも、どっちも飲み過ぎは肝臓によくないのですよ。

だから、霊能力では、あなたの依存性も、強迫概念も治りません。治せるのは、あなたの心の中をあなた自身が、壊れた時間以上の時間をかけて修復していかなくてはならないのです。

 

ところで、霊能者がよく、断薬ワークというのを行いますが、大体は、こっそり危険ドラッグに代用したり、強迫概念を砕くために、ヘッドギアを着けさ せて、電気を通電させて、ショックでシナプスを強引に切ろうなどをと言う手段を使います。脱水に成る程、排出させて毒素を抜くという、方法を取りたがる人 もいます。一歩間違って、心臓に負担が強くなった時は、死です。他には、狂ったように薬を欲しがる人に、水を沢山飲ませ、正気にさせようとします。

ですが、そんな素人療法で治るものであれば、とっくに治ります。

 

抗生物質でも、決められた期限飲まない人も多いのですが、きちんと飲み続けないと、完治や寛解に程遠くなります。適切な量を適切なだけ飲み、依存心が強い心や強迫概念が訪れやすい時には、穏やかになるように、自分を押さえて努めて行くのが通常です。

と言う事で、精神薬の依存症と、霊能力は無関係です。

それでもある日、お力が授かったとか、いきなりの万能感、眠らなくてもいい人間になったと思い始めたら、絶対にわたしは、診てもらいに行った方がい いと思いますよ。人間は、記憶した分を多少なり眠って整理しないと、頭の中が崩壊してしまいます。そこで、何か間違った方角へ踏み外すのと、そうではなく て、適切なケアを続けるのとでは、差があります。

また、感覚過敏は時として、過労から来るメンタルの不調から呼び起こされることもあるので、あまりに感覚過敏になる時も、内科からでもいいので医者に行くことをお勧めします。それと、そういう時程、休みが取れたら寝るものです。

 

別に、精神薬の薬を飲むこと=「社会的×」という訳ではないですよ。肩こり腰痛、胃痛で、安定剤飲む人は割と多いです。不定愁訴で、漢方飲んでも、 結局は外見が違うだけで、中一緒ですよ。昨今、なんでも安定剤で嫌だと言う人もいますが、ストレスが多い社会ですよ。飲んでみて、効果あれば、適切に使え ばいいだけのことです。薬に使われるようになっては、おしまいです。薬は、ツールの一つです。

こんな世の中ですからね。親が亡くなった、ペットが亡くなった、環境が変わったなりで、色々と心に負担が来て当たり前だと思うんですが、当たり前に受け取れない心が既に、自分の弱さを認められず、関係妄想へ陥るのでしょうね。

 

ちなみに、神様を信じたら治るかと言う事ですが、一切見返りをくれない神様を、あなたがどこまで信じ切れるかですよね。それより、あなた自身を信じ られるようになった方が、遥かに、道のりは早いと思うのですけれどね。少なくとも、あなたは、健全な精神で働けば、金も入る。これぞ、現世利益万々歳じゃ ありませんか。

 

続く

 



(昔は、結構積極的に、摩訶不思議と精神病を結び付けることが多かったので、拝み屋さんという商売が成り立ちました)

    このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。

 

このシリーズは、一番初めに、「先祖供養は自分の立身出世について影響があるのか」という問いから始まりました。

わたしの考える先祖供養も含めての答えは、「あなたが決して折れない心を保てるのであれば、行う全てが効果がある」ということです。

あなたは、折れやすい。心が折れやすい。折れない為に、あなたはできる範囲で、それを繰り広げようとする。でも、本当に信じ切れますか。先祖供養や 神に拝んで本当に信じ切れますか。何かあって、本当にドンドン不幸になった時もなお、あなたは、それでもそのありがたみを信じ続ける事ができますか。

戦争に行く人たちの例も挙げましたが、戦争は本当の修羅場なので、心を強くさせる為に、あえて宗教をお勧めする国もあります。

つまり、あなたが、現時点の状態に対して心折れやすくなっている時は、何か心を折れない、信じきれるものが必要なのだと思います。それは、他人に寄 るものという選択が一番怖いですね。他人の優しさは、時として、うつろいやすいからです。振り回されて、感情をかき乱されれば、職場でもあなたの姿勢は、 どんどん評価が下がっていきます。

だからこそ、あえて、見えない何かを信じることの方が、遥かに無難でいいのだと思います。先祖供養で、あなたが本当に救われるのであれば、やればいいと思います。でも、やってもやっても、結局は、見えない何かを取り祓う事はできないのです。

むしろ、その先祖供養に費やしたお金を、別方面に費やしていたなら、後日のあなたは少し楽だったかもしれません。妄想に取りつかれ、妄執に取り憑かれ、自身の過剰な「想い」を叶える為に、あなたは、全く無駄な方面にお金を費やしたのですよね。

では、先祖供養ってそこまでお金を出してすることなのでしょうか。

どこまでが限界で、どこまでやればいいのでしょうか。

 

それが一番疑問点だと思うのですが、あなたがやればやるほど効果が出たと思い込んで、先祖供養と現実面の「関係性のないモノゴト」を結び付けて、妄 想して行く時に、恐らく、先祖供養をした時、あなたは、少し余裕が出たのだと思います。その姿勢で、周囲と当たるので、周囲は、あなたの攻撃的な面を見た り、被害妄想的な面を見たりしていますが、「穏やか」なあなたを見て、多少なりとて関係が修復されます。

でも、ほんの少しで終わってしまいます。

なにせ、先祖供養は、「禊」ではありません。

あなたが、今まで犯した、色々な不作法についての「謝罪」には値しないんですよ。

 

あなたは、周りが自分を見る目が変わってきたと考えている。あなたが招いたことで、あなたの性質が、その場に対して不調法だったからこそ、そう言う 事が起きたのでしょうか。また、営業成績が下がってくるのは、少なからずもあなたが招く原因が少しでもなかったでしょうか。あなたは、心から、自分に罪は ないと言い切れますか。あなたの周りへの態度は、少しでも、ぶれませんでしたか?感情に任せた時もありませんでしたか。あなたが気が付かない怠慢な態度 や、驕った態度が、招く事実もありますよね。

 

これらのあなたが思いもかけず起こしたことの、禊を、先祖供養で何とかしたい、神でなんとかしたい、そう考えても、うまく行くわけがないじゃないですか。

 

あなたの行動と、先祖供養には、全く関係性がないのですから。あなたが、既存宗教の大きな考えに触れて、自分の頑なな先入観を少しずつ解いていくな らわかりますけれどね、そうではなく、ただひたすら、己の欲の為に、先祖供養を行って、何の関係がこの「欲」と「先祖供養」にあるものですか。

あなたが、「親」を犠牲にしてまで、生き延びようとし、親がそれに応えて、自分を犠牲にして子供の先行きを願った。そして、その後、子供は成長し、 大きな社会的地位を得て、初めて、墓を建てなおすという話はよくありますが、そんな家の中で、感謝の気持ちの裏にどす黒い「欲求」を抱えた先祖供養に何の 価値がありますか。

あなたの既成概念は変わらず、ありがとうございますと言う言葉は、「あ」でも入れれば予測変換されるのでしょうか。感謝の意味なんて分からないで使 う感謝と同じなのですよ。本当に、ありがたみが身に浸みて知る時は、あなたが自分の心を入れ替えた時ですよ。でも、人間の性質はそんなに簡単に変わらない ので、ちょっと難しいですよね。

あなたが、犯した罪は、あなたが自分で償うしかないんですよ。職場で無視されるようになってしまったのは、経緯を深く掘り下げれば、あなたにも原因 があったはずです。あなたの価値観を押し通したことで、恐らく軋轢ができているのだと思います。上手に他人との価値観のすり合わせができなかったのでしょ う。

それを、先祖供養とか、神とか、そんなんで、チャラにできると思っていたら、それこそ、関係妄想ですよ。

宗教は、己の罪を認め、己を見つめなおすためにあるのであって、己の欲を満たすためにやるのは、「坊主と神主」だけでしょう。

 

わたしは、少なくともこれらに関係性を認めませんし、関係性があったとして、何かいいことがあったとしても、恐らく、わたしが意図する時にそれが使 えるとは思っていませんよ。意図する時に、徳を積んだから使えるものがあったとしたら、皆恐らく、2000年以上昔から、徳を積もうとする性質に変わって いると思いますね。

少なくとも、2000年以上前から、金は、己の欲求を満たす時に自由に使えるものでしたからこそ、徳を積まずに金を積もうという、拝金教という考え があるのだと思います。しかし、あなたは、がちがちの固定概念のまま、他人とぶつかり合い、そして他人に知らずに印象を悪くし、そしてそれを、「手っ取り 早く禊したい」と思う。

 

これ、その考えのあなた自体が、既に間違っているのだと思いませんか。

心が強くなるどころか、鈍感そのものですわ。

 

続く

 

(ヤバいところって、一番のホラーは、治安の危ない地区に限ります。予測不可能な行動を取る人たちに紛れると、自分の価値観まで歪んできます)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

メランコリー ―人生後半期の妄想性障害―
慶應義塾大学精神病理研究グループ
弘文堂
2008-04-18

こんにちは。

前回の続きで書いていこうと思っております。お付き合いの程よろしくお願いします。

さて、スピリチュアルでは、沢山の質問を受けます。殆どが、先祖供養の話だったり、神社のお札だったり、神社参拝のマナーしきたりだったりします。

そこで、単刀直入に言ってしまうと、先祖供養やお札やお祓いの事については、正直に言えば、やっていただけると、「坊主や神主が儲かります。」言われたその通りにしていただけるのであれば、定期的固定客として来ていただけるので、大変に有難い存在です。

しかし、先祖供養において全く効果がなかったという例はありませんが、あなたが絶対に該当すると言う確証はありません。なので、先祖供養をしていた からこそ、このような有難い目に遭ったという話があったとしたら、わたしとしては、あまりそういうことを真面目には受け取りません。「一つの偶然」として とらえていただきたいと思います。

また、お札の話になりますが、あなたが願をかけたことが叶ったのなら、お礼を兼ねてお札を返しに行くことは理に適っていると思います。

ですが、願が結局届かなかったのであれば、逆にお札を返しに行って、あなたは、その願が届かなかった理由について、ご自身を顧みてはどうでしょう か。ご自身で、油断した面や、無茶なことをお願いした可能性はありませんか。そうであった場合は、その自分を悔い改めるつもりで、お札を返して、そして、 その中で、悔い改めて出直してきますと言って、帰宅する方が一番だと思いますね。

もし、それでも何かにすがりたい気持ちがあるのであれば、それは、それで、別個の問題だと思います。

辛い時、誰かに頼りたい、甘えたい気持ちは凄くあると思いますが、あまりにお札を集めすぎて、これが叶った=XXのお札の所為と関連づけてしまうことは、やはり関係妄想なのではないかと思うのですよ。

そうなると、強迫概念のように、ネットを探していい神社、いい寺に行きたがり、闇雲にお札を貰えばご利益があると考えてしまいますよね。そうなると、立派な、関係妄想に該当するとわたしは考えています。

 

最近は、うちも受験ですから、色々に頼りたいとは思いますね。だからといって、あちこちお参りして歩くことがいいのではなく、その時の勝負運につい て、受験当人が「身構えない」でリラックスして臨めるために、そもそも「お札」というのはあると思うのですよ。あくまで、そういうのは、心の支えですか ら。でも、それを百パーセント過信するとか、先祖供養でもしたら、合格するんじゃないかという考えでは、既に負け組なのではないかと思うのです。

そう言えば、筑波大付属駒場高校に合格したご家庭がありました。

一丸となる以前に、そもそも、お父さんがずば抜けて頭が良く、論理思考の最たる持ち主だったんですね。お母さんも頭が良く、論理思考については、子 供のころから鍛えられてきたと言います。その中で、彼らが最終的に選んだ学校は、つくこまだったのですが、そのひとつの選択肢の理由は、つくこまの問題 は、ご自身の息子が比較的どこよりも解きやすかったという点がありました。

そのご家庭が頑張っている間、おばあちゃんは、気もそぞろで、神社の学問系の神様にお百度を踏んだと聞きます。ですが、先祖供養はあまり脳内にな かったそうです。そもそも、そのおばあちゃん自体が、年の割には相応な論理思考の主で、そのおばあちゃんのお子さんは、難関学校を出ている人ばかりでし た。

そこまで資質が備わっていて、そして、過去問が非常に性質に合っていたことが、合格の決め手だと思います。

決して、おばあちゃんのお百度の所為だけではなかったと思います。

彼らは、結局は湯島に願う事も、他で願うこともありませんでした。理由は、そこで風邪を貰っても困るし、結局は勉強の地道な積み重ねであると、当人を含め家族が分かっていたからだと思います。

そういう点から考えると、たまたま、そうであったけれど、実はその合格したお子さんは、大変腰が低く、傲慢なけらいがありませんでした。非常に親譲りの柔軟さを身に着けていて、これなら安心だねという感じの方でした。

 

ところで、そんな事情はともあれ、あなたは「神にお願いしても何か願望を遂げたい」訳ですよね。

 

でも、企業に入社するために、色々ご祈願する人もいますけれど、わたしからしたら、企業に入社することがゴールではないんです。婚活もそうですが、 結婚がゴールではありません。全て、それから長い事お勤めできるか、婚姻生活を上手に維持できるかの方が凄く大事なことなんですよ。だから、そこをゴール 地点と定めると、とてもなく、入社後の生活が辛く思えると思います。

それを今度は、先祖供養で、感謝感謝と連発する人がいますが、おごり高ぶらない人ほど、感謝とは言わないです。

そもそも、腰が大変に低く、何事からも学ばれるので、感謝と言う表面上の言葉より、「ありがとうございます。」という言葉をご使用になる方が多いで すね。それから、感謝感謝といっても、感謝していないのに、口先の感謝もありますので、どこまで「心からその言葉が言えるか」の方が大事ではないでしょう か。

 

確かに、先祖に感謝する時、先祖が色々な大変な修羅場を踏み抜いてきてくれたおかげで、現在のあなたがあるのですが、想像力に欠落した人は、その先 祖の修羅場に対しては、あまり理解が深まりません。そういう浅い理解のもとで感謝と述べても、実際の苦労が身に浸みてわからないままであれば、先祖供養を 続けたところで、覚悟ができず、転職、退職を繰り返すのではないでしょうか。

 

先祖供養を沢山してくれると、そりゃ、儲かるのは、先祖供養ビジネスです。色々な物販が繁盛するので有難いことだと思うのですが、しかしながら、全ては、結局あなたが責任を取ることであり、先祖が責任を取ることではないのです。

あなたが責任を取らなくてはならない大変なことに対して、あなたは、先祖供養や神社の御祈願を、責任の何パーセントに置きますか?

 

わたしだったら、先祖供養している暇も、神社の御祈祷をする暇も、全て心血注いで、全力で責任を取らなくてはならない現実に集中します。

 

しかし、あなたは完全に弱い。弱いからこそ、誰かに甘えたい。甘えることを許さない現代社会だからこそ、愚痴を言い合う仲間として選んだのが、恐ら くspiritualの仲間だったり、宗教の仲間だったりするのですよね。それでも、本当に愚痴をこぼしてあなたは前に進めますか。もっと、勉強できる人 間のもとで、切磋琢磨した方が、愚痴を述べ合うより遥かに効率的なのではないですか。

 

確かに先祖供養や神社祈願は、あなたの内省に対して非常に意味はありますが、現実はそんなに容易くないです。

 

何にもでも頼ってお札の数を多くして、あれはこれに効いた、これはあれに効いた等の関連性のないことに妄想を費やしたら、次の局面をあなたはどう切 り抜けるつもりですか。どんどん人生は、ひとつ難関を越えたら、もっと難関が待っています。そうしたら、あなたは一体何にすがるのですか。すがって、結 局、何が得られますか。集中力を得たいのであれば、家でもできます。

でも、あなたは形から入らないとできないのですよね。

それで、あなたはその局面の責任を取れるのでしょうか。

結局、当たるか当たらないかわからない神を闇雲に集めてコレクションし、あれこれ強迫概念のように、「行かなくちゃいけない」とか「呼ばれているからどうしようもない」と考えるより、地に足を着けて、

あなたを護るものは、ちゃんといるからこそ、あなたは今は地味な積み重ねを重ねて大きく花を咲かせなさい。

そう、わたしは言いたいですね。少なくとも、神社はしごや、寺はしご、古刹めぐりを越えた病的なお参りは、流石にどうかと思います。あなたは必死だと思いますが、周囲から見たら、「病的な神頼み」に見えることだと思います。

 

では続く。

 

妄想に取り憑かれる人々
リー・ベア
日経BP社
2004-02-05



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ