こんにちは。

 

自身の中で、消化しきれていないことがあると、よく夢に出てきます。

普通は、夢の中の世界は、現実とかけ離れていることが多かったり、直結していても正夢だったりするのですが、消化しきれていないPTSDが夢に出てくるときは、正直に言えば、「発作」を起こすことがあります。

もう、終わった事なんだ、もう、思い出さなくてもいいんだ、もう、逃げ切ったんだ、さあ、目を覚ませ。

 

そう考えても、夢の中に入れば、同じ夢を見るわけで、沢山の事故に遭った自分の中に見ないでおこうと思った傷口と向かい合うことになります。

 

基本的に、起きてしまえば、そのまま、その夢は遠い過去の亡霊であり、今の自分に何の害を与えないたわいもないことだとは思うのですが、実際、明晰 夢の中で見ていると、その時点に帰ってしまったこのごとく、感触はリアルで、痛みもリアル。苦しみも、泣き叫ぶ状態も、結局、その事故からかなり経っても 何も変わっちゃいないんだなと思うことがあります。

達観したのなら、その事実をどうとでも考えることができるでしょうけれど、実際その中に戻れば、そんなその後の経緯なんかは、全然役に立たないんですよ。

 

わたしの過去の亡霊は沢山あります。思い出したくない状態のものは、沢山ありますが、現状として、それと向き合うだけの強さはわたしにはないのです。わたしは、夢の中でそれを見て苦しんでも、結果、起きてしまえば、なんだ、あれは夢かと思って切り捨ててしまいます。

引きずる思いにとり憑かれた時は、お風呂に入ったり、ガーデニングをしたり、色々と気分転換もありますし、何しろ、その当時にはできるとは思っていなかった仕事を持っていて、その資料を読んでいたりすると、完全に吹っ切ることができます。

 

つまり、過去の亡霊にとり憑かれそうなときは、あなたは、ダッシュで逃げて思い出さないように、振り返らないようにしなさい。そして、その後、何度もその亡霊がやってくる時に心が強くなれるような、「今」や「現実」をお持ちなさい。

 

過去の亡霊に出会ったら、結局は自分は止まってしまいますが、その「時」を動かしてくれるものを作るのは、その後のあなたの仕事なんですよ。

 

という訳で、自分で思うのですが、わたし、随分事故に遭った。殺されるかと思う事故に遭った。もう嫌だと思いながら、そういう目に遭った。

 

それが、自分の運命なら、きっとこの先も、「想像していなかった事故」に遭うだろう。

 

それでも、その後、きっとその事故を乗り越えるだろう。そして、過去の亡霊から逃げるために、色々手を出していくんだろう。