「北極星を目指して」 (左脳のひらめき)

I'm your polar star in the journey of life.

喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
アニータ・ムアジャーニ
ナチュラルスピリット
2013-06-18(死にかけたことを、そんなにあからさまに喜ぶなよ)。

こんにちは。


コンテンツとして割り切ってできないで、語りたがる「臨死体験者」の臨死体験は、あれは、PTSDの表現の一種じゃないでしょうか。

あれで、昔、覚醒したとか考えていたことがあった自分は苦笑せざるを得ない哀れな中二病でしたが、PTSDだったのではないかと思うのです。

 

今じゃ、幾ら死んでも、ターミネーターとして蘇ってくる術を身に着けましたが、昔は、それで自分がなんだか、変わったような気がして、誰かにその事実を知っててほしいPTSDだったのではないかと思うのです。

 

大病を患う人は多いんです。わたしの父も大病を患い、彼の直観力は凄まじかったですからね。

 

でも、それでも、わたしの父は、執着を捨てることができなかったことがありました。

 

修羅場を掻い潜っても、何故かやってしまう事など、父にもわたしにもあります。それで、始めのころは、自分が自分ではないような気がしていました。 でも、今になって思うと、あれは、PTSDだったのではないかと。霊能者になりたいと思ったのも、この凄まじい体験が誰かに役に立てればよかったと思った のだと思うのですが、よく考えると、随分、一生懸命生き延びた術が、「人の強欲」の為に利用されるばかりで、本当に嫌になりました。

 

だったら、スポンサーなどいらないし、ひっそり書いてりゃいいやって思うようになりました。

 

そう考えたら、PTSDを超えたのではないかと思うのですよ。

 

臨死体験者は、結局は、その凄まじい神々しい場面を見ざるを得ない状態に追い込まれるような体の不調があり、その後も予後がなかなかよくなりませ ん。それが、あまりにつらい経験過ぎて、誰かに吐露したくなるのではないか、だから、あんなに、臨死体験のセッションを開いて、死は怖くないと訴えるので はないでしょうか。

 

臨死体験者の死が怖くないという言い分は、わたしには嘘に聞こえます。

 

やりたいこと、やったもん勝ちで、好き勝手生きていく人の寿命はいつも短いですよね。結構有名な人、延命すれば幾らでも生きそうなのに、割と高齢社会に反するように亡くなりますよね。病床の身でも、やりたいことをやりつくせれば、きっと執着を捨てられる。

そうなれれば、きっと死は怖くなくなると思うんですよ。

 

むしろ、生きているほうが地獄に思えるんじゃないですか?

なんか・・・・こう・・・・・・ネタ尽きました・・・感満載な感じで。いつ、ギブでいいですかね?みたいなノリで。なんか、ほとんど全部やっちゃった・・・みたいな。

 

臨死体験者の本当の本音は、孤独な心の闇の叫びのように思えるんです。それ程、怖かったんだと思いますし、吐露し続けていなくちゃ、生きている感がしないのでしょうしね。無茶し続けなくては、寂しいのでしょうし。

 

わたし・・・・わたしはなぁ。

なんか、生きててくれとか主人に言われるけれど、仕事がドツボった時ほど、「もう、無理、やり尽しました。今夜昇天でお願いします。」な勢いになりますよね。

ブラック企業に疲れた人が、朝飛び込むのも、あれも、死と生き続けるのとどちらかを天秤に乗せた時、ブラックの中で、生きていくことを精いっぱいや り遂げたからではないかと思う時もあるんです。天命でいいんだなって思う時もあるんですよ。ブラック企業辞めたって、ブラックばかりでしょ?転職癖がつけ ばつくほど、値段が下がるでしょ?そしたら、結局、選択肢は楽な方ばかり選んできたけれど、清々しい朝に、「うん、やり尽した」って思って死ぬんじゃない でしょうかね。

まぁ、ちゃんと60超えるまで、人並みに耐えていただきたいと思いますがね。人並み以上に耐えた人のご褒美が、短命ではないかと。わたしは、積極的にこれを享受したい。

 

死んで花実が咲くものかとは言いますが、どっちみち、どんな立派な人のことも、数十年、数百年経ったら、誰も覚えてもいないし知りもしない。

人生を、自己満足できるほど、謳歌できたかどうかが問題でね。それが、大事なんじゃないですか。

自殺はそれがないので、咎められるんですよ。

 

それじゃ、どうやって満足したらいいのか。だからこそ、生きるって難しいのですわ。

 

 

 

参考文献:急死と臨死体験




    このエントリーをはてなブックマークに追加

自傷・自殺する子どもたち (子どものこころの発達を知るシリーズ)
松本 俊彦
合同出版
2014-03-25
大変な思いでサバイバルしてきたかと思えば、安全になった途端に自殺することもある。

こんにちは。

自殺する人のことを考えた時に、ふと思ったんだ。彼らは、死ぬ瞬間、「ひょっとして幸せだったのではないか?」とね。

自殺物件、事故物件、飛び込み自殺、あれこれ騒ぐ人がいるけれど、死ぬ当人は、「自分を縛り付ける全てから逃げられて、幸せだった」のかもしれないね。

おいていかれる人の悲しみを考えず、自分の中にあった苦しさや痛さに耐えきれず、逃げることの最終形が自殺だしね。

 

現実逃避をしなければならない程の痛みや苦しみがあるのは、わたしもよく知っている。

 

けれど、その現実逃避が、いつまでも終わらない痛みをずっと和らげてくれるのかと言ったら、それは嘘だと思う。現実逃避はどんどんエスカレートし、痛みは増すばかり。自分に向き合おうと思った時には、あまりの痛さに、思わず、また、別の現実逃避を考えてしまう。

 

痛いってそんなもんなんだよ。苦しくてつらいって、そんなもんなんだよ。

 

それで生きてろって言う方が鬼だね。でも、生きてて欲しいよ。だって、生きてれば、あなたとすれ違う偶然もあるわけだし、楽しいことはあると思うんだよ。

 

全くない訳じゃない。全くなくなった場合は、あなたが現実を見ないで逃げてばかりいたからだよね。どこにも居場所がなくなったのは、あなたが勝手な理屈で、言い訳ばかりして、現実から逃げてたからだよね。

うらやましいとか、妬ましいとか、あなたの心にだけあるんじゃないよ。

誰の心にもあるんだよ。

 

ただ、誰もそれを表に出さないよ。表に出せる相手は、友人だったりするよ。でも、そんなに大きな騒ぎはしないように、少しずつ小出しにするよ。

ため込んでため込んで、爆発した時、あなたはすごく痛いんだと思う。爆発した欠片が刺さって痛いんだと思う。

 

けれど、世の中には、その爆発した欠片が自分に突き刺さることを尊ぶ人もいるんだ。自虐思考というか、自分を罰しなければならないと思う思いだね。

 

そんなに、あなたを責める人はいないけれど、あなたが、今もなお、自分と向き合って、痛さを受け入れなければ、結局自分だけ幸せな道を選んじゃうんだよね。

 

生きてて、人を幸せにしていきたいのに、自分だけ幸せになる道を選んじゃうんだ。

 

だから、自殺者は恨んだりするところはすごく強いけれど、本質は、誰よりも「解き放たれた幸福感」が強いと思う。

 

それを周りは見て、「解き放たれた幸福感」に焦点を当てないから、「辛くて辛くて大変な毎日だった」とだけ思うんだろうね。辛くて辛くて泣き言を言いたいけれど泣き言も言わないで頑張っている人、沢山いるよ。その人たちは、何で頑張るのかって言ったら、

 

自分の幸せより、人を幸せにすることを選んだからだね。

 

ねぇ、ところで、あなたはどうする?

 

 


死んで楽になるなら、わたしがとっくにやっている(笑)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加


こんばんは。

巷によく売られていたり、オーダーメイドで作ると言うアクセサリーは、ほとんど意味が無いと言っても過言ではない。

そのアクセサリーで運気が上がったんだとしたら、そりゃ、プラシーボ効果だねとしか答えようがない。どうして、これで運気が上がるのか、その術師の念が必要なのか、術師の念はどのくらい持つのか、以前、そういう術師を呼んでお願いしたことがある。

実験的な要素ではあったが、ひとりは、その晩に消失し、ひとりは、その翌日朝、消失した。

わたしも、自分で気を込めることがあるが、恐らく、半日持たない事が多い。宝石磨きとして定評のあるわたしでさえもだ。

なので、気を込める、念を込めるビジネスは、その人と繋がっていたいと思う人の憧れや尊敬で維持されることだと思う。つまり、偉い人有名な人=パワーが凄いという数式かな。神社も神棚もそうだけれど、その敬う気持ちや憧れ感で維持していかないと、基本は、一日でチャラよ。

 

わたしの兄は、割りとシーサーが好きで、とかく彼の家は、玄関の門にもシーサー、家の玄関にもシーサー、どんだけシーサー好きやねんって感じで飾っ てある。彼の場合、意味があってわかってて何かをしているわけではなく、ふと、沖縄にあったシーサーを見て、これだと思ったらしいのね。

それでも、わたしから見ると不十分。でも、どんだけシーサー好きやねんでも、流石に、他にも飾ってあったら、ドン引きでしょ?

あくまで、一般常識で許せる範囲の、シーサー好きですですって路線だったら、それが限界。

でも、不十分だし、完璧にしたいと思ったとしても、無理かな。

兄は、そもそも、わたしの兄なので、摩訶不思議なことは沢山体験しているし、そもそも医者なので、不可思議なことというのはこの世に存在すると考えている。でも、その兄がどうこう言っても、防げないものはしょうがないじゃないの。

 

それで、永久的に続くものってあるんですかって質問はよく受けるけれど、基本的には、ステージアップした場合は、卒業していくアクセサリーもあるわ ね。だから、永久的にこれを着けていればOKとか、絶対開運ってことってないと思う。そもそも、作っている人を見たら、開運して凄く財産を持っているなら 別だけれど、己の開運さえできない人が、どうして他人のものが作れるのかは、摩訶不思議でしょ?

だから、凄くお金持ちで、元々元来何か財産を守るために、因縁や怨念を抱えている家って結構あるのね。

でも、そういうところは、基本的に、口伝で守っていくこととか、絶対公開しない古文書とかあるから、普通はそんなものじゃないの?

 

しかも、努力しないで、楽々なんとかとか、楽しく開運とか、金運ザクザクとか、見てていたたまれない(苦笑)。

 

願いは、一つに絞ったほうが効果は上がりやすいし、だけれど、人の欲は尽きせぬもの。だからこそ、悩むことは大きいんじゃないかしらね。

 

ところで、呪術的なアクセサリーをして、昔、うちの上司に、採用の面接を受けに来た人いたわよ。

 

わたしは、その場で外してくださいって頼んだのだけれど、結果落ちたわ。メンタルの弱さがそこにあふれている。男の子だったら、ワイシャツの下につけるとか、考えるんじゃないかな。

 

基本的に、呪術のアクセサリーは、ひとに見つかって、ひとが解読してしまったら、終わり。

 

だからこそ、解読できないアクセサリーのほうが、開運にはいいわよね。

 

兄のシーサー好きは、流石に、それだけ、病院で抱えてくるものがあるのだろうと思うし、今ある家の立地から、防ぎたいものもあるだろうし。そんな中で、妹があれこれ、都合をつけて、こんなんどうでしょうとか、持ってくるのだけれど、どうなんだろうね。

 

ちなみに、うちは、カオスでいいと思う。(笑)。

 

鬼が来たら、鬼をまとめて、物の怪が来たら、物の怪をまとめて。幽霊が来たら、お話を聞いてあげて、グロさを堪能して。

 

わたしは、そういう中で育ってきているので、そんなものかなぁ。

流石に、何かしようとは思わないけれど、幾つか、作っているものもあるわよ。

 

でも、それが、動く時は、それ用に作った事が起きるときだけだから、意外と、普段は眠っている物も多い。

 

まあ、思うんだけれど、お好きな人は、購入して見るのが一番だわね。役に立たないってことを知るためにも、経験は必須だと思う。

 

その中で、何かに巡り会えたら、ラッキーってものよね。

 

ところで、わたし、神社行く時、幾つか頼み事をされるのね。御札を買ってきてくださいって頼まれるの。

 

だから、そういう時、神社で、活きがいい御札を見繕って数十個買ってくることあるわよ。

 

並んでいる御札の中でさえ、当たり外れがあるんだから、他もあって同じこと。

 

まぁ、問題は、効果が切れるのが早いので、また頼まれるってことかな。

 

時々、頼むひとに思う。お前が買えよ。お前が買えるようになれば、別に問題ないだろ。手はずは教えてやるから、お前が買え。

 

そう思うけれど、意外と難しいらしいわね。

 

 

 

PS:ちなみに、卒業していくものは、高品質の呪術アクセであればあるほど、割と効果は、3年からヘタしたら8年ほど持ちます。わたしは駆け抜けて いった面がありますが、一昨年の呪術アクセで十分今年も回ります。だから、上等に作れば作るほど、そんなに、簡単に壊れないわよ。勿論、作用も強いし。 (涙)。振り回される面が多すぎますが(苦笑)。




    このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。

作ってみて、作れないことはない、呪術的なアクセサリー。

本気でつくろうとして、見積もりを出せば、高額なこと、請け合いである。地金が高いし、中々、デザイン料や技術料まで込むと高くなる。

 

そんなんで、そもそもあまり作る気はないのだが、作る人や持つ人について一旦考えてほしいことがある。

 

ナニワ金融道で、「欲は海水や。飲めば飲むほど、のどが渇いて、もっと欲しくなる。」と、こんな答えがある。

 

つまり、ギャンブルでも何でも、寸止めできるだけの自制心を持たないと、結局は破滅するという話である。

 

株でもそうだが、上がりそうなとき、頭に血が上ってドンドン注ぎ込んでいく。一旦株価が落ちて危ないと思った際に、とっさに売ってしまう。その上が りそうな時に、どこが潮時かをわきまえる冷静な判断力がない人には、扱えないシロモノである。落ちた時の売りどきを知らない人には、扱えないシロモノであ る。

 

実際、呪術のアクセサリーをして、目立つほどの大きくなる話は聞いたことがない。カリスマ性のあったアドルフ・ヒットラーでさえ、結果的には、ロシ アで苦戦し、自決へ持ち込まれる。結局、進む道に大きな富があった場合、必ず引き替えにさせられるのは、「欲」と天秤に乗った「破滅」である。

 

欲は、どんどん増える。過剰に増え、結果的に次から次へと欲しいものが出る。その上昇気流を作るのも登るのも、己の力量次第であるが、コントロール不可になった際には、潔く手を引くだけの気持ちがなければ、結果として、破滅が待つ。

 

なので、呪術的アクセサリーが欲しい人も沢山いるからこそ、安価な3000円台でできるパワーストーンは、庶民に好まれた。今じゃ、している人は少 ない。水晶のブレスをしている人は、意外と、ゴルフの肩こり防止のために、右につけている。左にしている人はメンタルの弱い証。

 

そんなところから、富を強く望み、登ろうと思う気持ちは分からんでもない。でも、こんなアクセサリーは、結局は、海水を飲んで乾いた喉になるよう に、乾きや、苦しみや、結局は破滅を意味する。なので、その自身が、ここで辞めるというところまで線引して約束しない限り、持っても意味が無いだろう。 もっとも、線引したラインを人間はすぐ、いともたやすく、覆す。

だから、そんなものを扱える人はいないんだよ。

 

自分も過去、溺れたことがあったが、結局は、ジリ貧のままだった。自分で努力しなければ、何一つ運は開けない。その運を開く際に、手がかりとしてだけ望むのであれば、問題はない。しかし、手がかりとして以上を望むのであれば、破滅を覚悟して行くしかない。

 

そもそも、飽食になって、それでも、金を儲けるのが好きな人は結構いる。でも、彼らは、足がかりができたら、そういうグッズを捨てる。後は自力で、 山を登ればいいからだ。問題は、登る山をどれにしたらいいか、わからないことが問題であり、それは、実に本人の選択としかいいようがない。

 

世の中には、誠に奇妙な話があるけれど、その場合、それもひとつの運である。

 

あなたの家に、いわくつきの古文書がない場合は、諦めて、こういう方面の運が無いのだと思って、別で挑んだほうがいい。

 

奇妙な話として面白く受けてくれればいいが、本気にとってしまうと、恐らく、日本の中で、ジリ貧にならないものを作れる人がいるかと言ったら、いないと答える。わたしは、Sさんによく頼まれるが、それは、わたしがSさんをよく知るからである。

 

知らない人には、全くできない話。

 

それを、パッと見て作るんだとしたら、相当な山師だね。もし、作れるなら、殆どの宝石店が倒産したり、閉店しないはずだろう。

まぁ、頼む人も山師なことは請け合いだけれど、自制心がないうちは、扱っても逆に破滅になるだけだと思う。

呪符も同じようなもの。

 

「欲」と「破滅」は天秤に乗る。

 

 

 


図説 日本呪術全書
豊島 泰国
原書房
1998-09




    このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡は起こる (PHP文庫)
ブライアン・L・ワイス
PHP研究所
2015-01-07

こんにちは。

 

今朝夢であるモノに言われました。

人生は、1÷7なんだよと。

意味が分からないので、計算してみたら、1÷7は、0.142857142857142857・・・・・。

つまり、142857という数字で、運気は常に上がったり下がったりして、永遠に続く堂々巡りが人生なのではないかと。

 

今が1で、次に頑張って4になったけれど、結局また2に落ちてしまい、一念発起して8になっても、少し落ち込んで、5になり、まぁ、そこまで行って、7になる。しかし、いきなりのイベントで、ガクッと、また1からやり直し。

そんなことの繰り返しなんじゃないでしょうかという話なんでしょうね。

 

奥深すぎて、自分の脳が話した内容だとは到底思えないことでした。

 

人生=1÷7

 

公式なんでしょうか。

 





    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ