「北極星を目指して」 (左脳のひらめき)

I'm your polar star in the journey of life.

自傷・自殺する子どもたち (子どものこころの発達を知るシリーズ)
松本 俊彦
合同出版
2014-03-25
大変な思いでサバイバルしてきたかと思えば、安全になった途端に自殺することもある。

こんにちは。

自殺する人のことを考えた時に、ふと思ったんだ。彼らは、死ぬ瞬間、「ひょっとして幸せだったのではないか?」とね。

自殺物件、事故物件、飛び込み自殺、あれこれ騒ぐ人がいるけれど、死ぬ当人は、「自分を縛り付ける全てから逃げられて、幸せだった」のかもしれないね。

おいていかれる人の悲しみを考えず、自分の中にあった苦しさや痛さに耐えきれず、逃げることの最終形が自殺だしね。

 

現実逃避をしなければならない程の痛みや苦しみがあるのは、わたしもよく知っている。

 

けれど、その現実逃避が、いつまでも終わらない痛みをずっと和らげてくれるのかと言ったら、それは嘘だと思う。現実逃避はどんどんエスカレートし、痛みは増すばかり。自分に向き合おうと思った時には、あまりの痛さに、思わず、また、別の現実逃避を考えてしまう。

 

痛いってそんなもんなんだよ。苦しくてつらいって、そんなもんなんだよ。

 

それで生きてろって言う方が鬼だね。でも、生きてて欲しいよ。だって、生きてれば、あなたとすれ違う偶然もあるわけだし、楽しいことはあると思うんだよ。

 

全くない訳じゃない。全くなくなった場合は、あなたが現実を見ないで逃げてばかりいたからだよね。どこにも居場所がなくなったのは、あなたが勝手な理屈で、言い訳ばかりして、現実から逃げてたからだよね。

うらやましいとか、妬ましいとか、あなたの心にだけあるんじゃないよ。

誰の心にもあるんだよ。

 

ただ、誰もそれを表に出さないよ。表に出せる相手は、友人だったりするよ。でも、そんなに大きな騒ぎはしないように、少しずつ小出しにするよ。

ため込んでため込んで、爆発した時、あなたはすごく痛いんだと思う。爆発した欠片が刺さって痛いんだと思う。

 

けれど、世の中には、その爆発した欠片が自分に突き刺さることを尊ぶ人もいるんだ。自虐思考というか、自分を罰しなければならないと思う思いだね。

 

そんなに、あなたを責める人はいないけれど、あなたが、今もなお、自分と向き合って、痛さを受け入れなければ、結局自分だけ幸せな道を選んじゃうんだよね。

 

生きてて、人を幸せにしていきたいのに、自分だけ幸せになる道を選んじゃうんだ。

 

だから、自殺者は恨んだりするところはすごく強いけれど、本質は、誰よりも「解き放たれた幸福感」が強いと思う。

 

それを周りは見て、「解き放たれた幸福感」に焦点を当てないから、「辛くて辛くて大変な毎日だった」とだけ思うんだろうね。辛くて辛くて泣き言を言いたいけれど泣き言も言わないで頑張っている人、沢山いるよ。その人たちは、何で頑張るのかって言ったら、

 

自分の幸せより、人を幸せにすることを選んだからだね。

 

ねぇ、ところで、あなたはどうする?

 

 


死んで楽になるなら、わたしがとっくにやっている(笑)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加


こんばんは。

巷によく売られていたり、オーダーメイドで作ると言うアクセサリーは、ほとんど意味が無いと言っても過言ではない。

そのアクセサリーで運気が上がったんだとしたら、そりゃ、プラシーボ効果だねとしか答えようがない。どうして、これで運気が上がるのか、その術師の念が必要なのか、術師の念はどのくらい持つのか、以前、そういう術師を呼んでお願いしたことがある。

実験的な要素ではあったが、ひとりは、その晩に消失し、ひとりは、その翌日朝、消失した。

わたしも、自分で気を込めることがあるが、恐らく、半日持たない事が多い。宝石磨きとして定評のあるわたしでさえもだ。

なので、気を込める、念を込めるビジネスは、その人と繋がっていたいと思う人の憧れや尊敬で維持されることだと思う。つまり、偉い人有名な人=パワーが凄いという数式かな。神社も神棚もそうだけれど、その敬う気持ちや憧れ感で維持していかないと、基本は、一日でチャラよ。

 

わたしの兄は、割りとシーサーが好きで、とかく彼の家は、玄関の門にもシーサー、家の玄関にもシーサー、どんだけシーサー好きやねんって感じで飾っ てある。彼の場合、意味があってわかってて何かをしているわけではなく、ふと、沖縄にあったシーサーを見て、これだと思ったらしいのね。

それでも、わたしから見ると不十分。でも、どんだけシーサー好きやねんでも、流石に、他にも飾ってあったら、ドン引きでしょ?

あくまで、一般常識で許せる範囲の、シーサー好きですですって路線だったら、それが限界。

でも、不十分だし、完璧にしたいと思ったとしても、無理かな。

兄は、そもそも、わたしの兄なので、摩訶不思議なことは沢山体験しているし、そもそも医者なので、不可思議なことというのはこの世に存在すると考えている。でも、その兄がどうこう言っても、防げないものはしょうがないじゃないの。

 

それで、永久的に続くものってあるんですかって質問はよく受けるけれど、基本的には、ステージアップした場合は、卒業していくアクセサリーもあるわ ね。だから、永久的にこれを着けていればOKとか、絶対開運ってことってないと思う。そもそも、作っている人を見たら、開運して凄く財産を持っているなら 別だけれど、己の開運さえできない人が、どうして他人のものが作れるのかは、摩訶不思議でしょ?

だから、凄くお金持ちで、元々元来何か財産を守るために、因縁や怨念を抱えている家って結構あるのね。

でも、そういうところは、基本的に、口伝で守っていくこととか、絶対公開しない古文書とかあるから、普通はそんなものじゃないの?

 

しかも、努力しないで、楽々なんとかとか、楽しく開運とか、金運ザクザクとか、見てていたたまれない(苦笑)。

 

願いは、一つに絞ったほうが効果は上がりやすいし、だけれど、人の欲は尽きせぬもの。だからこそ、悩むことは大きいんじゃないかしらね。

 

ところで、呪術的なアクセサリーをして、昔、うちの上司に、採用の面接を受けに来た人いたわよ。

 

わたしは、その場で外してくださいって頼んだのだけれど、結果落ちたわ。メンタルの弱さがそこにあふれている。男の子だったら、ワイシャツの下につけるとか、考えるんじゃないかな。

 

基本的に、呪術のアクセサリーは、ひとに見つかって、ひとが解読してしまったら、終わり。

 

だからこそ、解読できないアクセサリーのほうが、開運にはいいわよね。

 

兄のシーサー好きは、流石に、それだけ、病院で抱えてくるものがあるのだろうと思うし、今ある家の立地から、防ぎたいものもあるだろうし。そんな中で、妹があれこれ、都合をつけて、こんなんどうでしょうとか、持ってくるのだけれど、どうなんだろうね。

 

ちなみに、うちは、カオスでいいと思う。(笑)。

 

鬼が来たら、鬼をまとめて、物の怪が来たら、物の怪をまとめて。幽霊が来たら、お話を聞いてあげて、グロさを堪能して。

 

わたしは、そういう中で育ってきているので、そんなものかなぁ。

流石に、何かしようとは思わないけれど、幾つか、作っているものもあるわよ。

 

でも、それが、動く時は、それ用に作った事が起きるときだけだから、意外と、普段は眠っている物も多い。

 

まあ、思うんだけれど、お好きな人は、購入して見るのが一番だわね。役に立たないってことを知るためにも、経験は必須だと思う。

 

その中で、何かに巡り会えたら、ラッキーってものよね。

 

ところで、わたし、神社行く時、幾つか頼み事をされるのね。御札を買ってきてくださいって頼まれるの。

 

だから、そういう時、神社で、活きがいい御札を見繕って数十個買ってくることあるわよ。

 

並んでいる御札の中でさえ、当たり外れがあるんだから、他もあって同じこと。

 

まぁ、問題は、効果が切れるのが早いので、また頼まれるってことかな。

 

時々、頼むひとに思う。お前が買えよ。お前が買えるようになれば、別に問題ないだろ。手はずは教えてやるから、お前が買え。

 

そう思うけれど、意外と難しいらしいわね。

 

 

 

PS:ちなみに、卒業していくものは、高品質の呪術アクセであればあるほど、割と効果は、3年からヘタしたら8年ほど持ちます。わたしは駆け抜けて いった面がありますが、一昨年の呪術アクセで十分今年も回ります。だから、上等に作れば作るほど、そんなに、簡単に壊れないわよ。勿論、作用も強いし。 (涙)。振り回される面が多すぎますが(苦笑)。




    このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。

作ってみて、作れないことはない、呪術的なアクセサリー。

本気でつくろうとして、見積もりを出せば、高額なこと、請け合いである。地金が高いし、中々、デザイン料や技術料まで込むと高くなる。

 

そんなんで、そもそもあまり作る気はないのだが、作る人や持つ人について一旦考えてほしいことがある。

 

ナニワ金融道で、「欲は海水や。飲めば飲むほど、のどが渇いて、もっと欲しくなる。」と、こんな答えがある。

 

つまり、ギャンブルでも何でも、寸止めできるだけの自制心を持たないと、結局は破滅するという話である。

 

株でもそうだが、上がりそうなとき、頭に血が上ってドンドン注ぎ込んでいく。一旦株価が落ちて危ないと思った際に、とっさに売ってしまう。その上が りそうな時に、どこが潮時かをわきまえる冷静な判断力がない人には、扱えないシロモノである。落ちた時の売りどきを知らない人には、扱えないシロモノであ る。

 

実際、呪術のアクセサリーをして、目立つほどの大きくなる話は聞いたことがない。カリスマ性のあったアドルフ・ヒットラーでさえ、結果的には、ロシ アで苦戦し、自決へ持ち込まれる。結局、進む道に大きな富があった場合、必ず引き替えにさせられるのは、「欲」と天秤に乗った「破滅」である。

 

欲は、どんどん増える。過剰に増え、結果的に次から次へと欲しいものが出る。その上昇気流を作るのも登るのも、己の力量次第であるが、コントロール不可になった際には、潔く手を引くだけの気持ちがなければ、結果として、破滅が待つ。

 

なので、呪術的アクセサリーが欲しい人も沢山いるからこそ、安価な3000円台でできるパワーストーンは、庶民に好まれた。今じゃ、している人は少 ない。水晶のブレスをしている人は、意外と、ゴルフの肩こり防止のために、右につけている。左にしている人はメンタルの弱い証。

 

そんなところから、富を強く望み、登ろうと思う気持ちは分からんでもない。でも、こんなアクセサリーは、結局は、海水を飲んで乾いた喉になるよう に、乾きや、苦しみや、結局は破滅を意味する。なので、その自身が、ここで辞めるというところまで線引して約束しない限り、持っても意味が無いだろう。 もっとも、線引したラインを人間はすぐ、いともたやすく、覆す。

だから、そんなものを扱える人はいないんだよ。

 

自分も過去、溺れたことがあったが、結局は、ジリ貧のままだった。自分で努力しなければ、何一つ運は開けない。その運を開く際に、手がかりとしてだけ望むのであれば、問題はない。しかし、手がかりとして以上を望むのであれば、破滅を覚悟して行くしかない。

 

そもそも、飽食になって、それでも、金を儲けるのが好きな人は結構いる。でも、彼らは、足がかりができたら、そういうグッズを捨てる。後は自力で、 山を登ればいいからだ。問題は、登る山をどれにしたらいいか、わからないことが問題であり、それは、実に本人の選択としかいいようがない。

 

世の中には、誠に奇妙な話があるけれど、その場合、それもひとつの運である。

 

あなたの家に、いわくつきの古文書がない場合は、諦めて、こういう方面の運が無いのだと思って、別で挑んだほうがいい。

 

奇妙な話として面白く受けてくれればいいが、本気にとってしまうと、恐らく、日本の中で、ジリ貧にならないものを作れる人がいるかと言ったら、いないと答える。わたしは、Sさんによく頼まれるが、それは、わたしがSさんをよく知るからである。

 

知らない人には、全くできない話。

 

それを、パッと見て作るんだとしたら、相当な山師だね。もし、作れるなら、殆どの宝石店が倒産したり、閉店しないはずだろう。

まぁ、頼む人も山師なことは請け合いだけれど、自制心がないうちは、扱っても逆に破滅になるだけだと思う。

呪符も同じようなもの。

 

「欲」と「破滅」は天秤に乗る。

 

 

 


図説 日本呪術全書
豊島 泰国
原書房
1998-09




    このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡は起こる (PHP文庫)
ブライアン・L・ワイス
PHP研究所
2015-01-07

こんにちは。

 

今朝夢であるモノに言われました。

人生は、1÷7なんだよと。

意味が分からないので、計算してみたら、1÷7は、0.142857142857142857・・・・・。

つまり、142857という数字で、運気は常に上がったり下がったりして、永遠に続く堂々巡りが人生なのではないかと。

 

今が1で、次に頑張って4になったけれど、結局また2に落ちてしまい、一念発起して8になっても、少し落ち込んで、5になり、まぁ、そこまで行って、7になる。しかし、いきなりのイベントで、ガクッと、また1からやり直し。

そんなことの繰り返しなんじゃないでしょうかという話なんでしょうね。

 

奥深すぎて、自分の脳が話した内容だとは到底思えないことでした。

 

人生=1÷7

 

公式なんでしょうか。

 





    このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。

恋人に置いてきぼりにされて、絶望のふちに立たされたアリアドネ。彼女を見守るのは、実は、別れの原因を作った女神アテナ。

アテナは、テセウスの稚拙さが気に入らない。アリアドネは、名のとおり、「とても清らかで聖なる娘。」

こんな逸品を、テセウスにやるのは、あまりに惜しい。せっかく、ここまで清らかに育ったのだから、思い通りの所に嫁がせたい。そう思う彼女の心が、テセウスに、神託として伝わってしまう。

「アリアドネを置いて、いますぐここから立ち退きなさい。」

 

テセウスにしてみたら、しめたもの。田舎臭い、重たい、若い女より、手馴れた女のほうが、楽しくしてくれるし、気分を高揚させてくれる。自分は、い い男なのだと、年上の女性は思わせてくれる。だって、俺、ミノタウロスをやっつけたんだぜ?そりゃ、アリアドネには感謝してるよ?でも、実際に退治したの は、俺だし。

けれど、なんだ、アリアドネは。若いってだけで、思慮深さも、お洒落心も、化粧もしない。今の俺にふさわしいのは、手馴れて洗練された、言葉あしら いのうまい遊び慣れた女がいい。そして、そこで、徹底して遊んだら、いつか、年貢は納めなくっちゃな。俺、こう見えても、王子だし。

そのときは、それなりの女欲しいし。その頃に、若い子がいいな。

不謹慎な俗世間の考えに見事マッチングしたテセウスは、神託を上手に使って、逃げ出した。女神アテナは、初めから、この男がもたらす幸いと不幸を見 抜いていた。俗世間にまみれた男に、徹底的にアリアドネが汚されることを好まなかった女神は、置いてかれて動揺し、泣きまくっているアリアドネの後姿を ちょっと見る。

どうせ、すぐに分かるわ。あの男より、いい男が来る事を。

女神は、そのとき既に考えがあった。そうだわ、ディオニューソスがいたじゃないの。豊穣の神で酒神。実りをもたらし、その実りを謳歌する男の心当た りはすぐついた。んじゃ、ディオニューソスに嫁がせましょう。女神は、画して、合コンを開くために、泣いているアリアドネに、ダイエットや化粧術を教え、 知的な会話を仕込み、嫁入りにふさわしい仕事を見つけ、ファッションのセンスを磨かせた。

アリアドネは、素直な子。

女神に教えられるがままに、成長し、お勤めも固いところに就職し、仕事上では普通だけれど、私生活では、女神の「美」術を、真剣にブラッシュアッ プ。「二度と男に逃げられないために、それなりの教養」を積みかさね、なんと、誰もが振り返る女性となって、女神とともに合コンの場へ出てきた。

ディオニューソスは、女神アテナの策略のまま、そのままで、虜になった。

ディオニューソスは、昔は不誠実な男テセウスと同じ男だった。稚拙で、思慮浅く、ぶっきらぼうなところがあったけれど、仕事でキャリアを積み、それ なりの地位に着く為に勉強してきた。神ってだけで、女は腐るほど寄って来る。女なんて、結局、資産とか、肩書きとか、目に見えるところしか見ていないんだ よなと、豪語するほどの女性不信。その彼が、自分の目の前にいる、華奢でエレガントな若さはちきれるアリアドネをひと目見て、普通の女じゃんと思ったのは 仕方なかっただろう。だけれど、そこで目が釘づけになった。

違う・・・・この女・・・何かが違う。

女神アテナに、彼が、「隠語を送っても」女神アテナは知らん振り。むしろ、「気立てのいいいい子でしょう?」とそそのかす。

・・・・・・・・・何かが違うのだ。・・・・・そうだ、彼女の陰りが、凄く魅力的なのだ。若いだろうに、きっと王様の娘っていうだけで、随分甘やか されて着たに違いない。若い男と駆け落ちして、駆け落ちの最中に捨てられたと聞いたが、なんと魅力的な娘なんだろう。ふっと見せる視線の先が、知りたい。 この女性を自分は待ってきた。自分はもういい年だ。年貢を納めるには丁度いい。こんな魅力的な娘が良かった。だけれど、駆け落ちした男を忘れられないと嘆 くのなら、

 

やっちゃう?自分。

 

富と名声は有り余るほどある。これだけ、苦労してくれば、きっと常識概念も普通だろう。きっと、堅実に働いてくれるだろう。名声と富だけを目当てに くる「触れなば落ちん」女性とは違うことを彼女は証明してくれるだろう。神の妻にふさわしい働きをしてくれるだろう。より、富に向けて、より名声を維持で きるように、働いてくれることだろう。この子に決めた。

そう考えたディオニューソス。アリアドネの影や日向に成り代わり、一生懸命導いていく。

やがて、アリアドネは、女神アテナの真意を知る。どの男でも、若い頃は、若くて稚拙。やんちゃでぶっきらぼう。だけれど、成功する男と、失墜してい く男の違いを見て行って、女神の言わんとするところを理解する。成功する男には、こうやって付き合え。男を成功させるには、こうやって添い遂げろ。女神の 示唆には、含みがあって、そうして、アリアドネがたどり着いた先は、富と名声を維持していく、超スーパー倹約術を携えた、堅実女性の完全マニュアル、カリ スマ奥様だった。彼女のようになりたいと、天界からも、地界からも、取材はひっきりなし。彼女にあやかりたいと、誰もが願う。彼女の出す本は、どれも当た る。彼女は、時代のアイコンとなった。

無論だが、アリアドネは、男を失った一件では、自分の犯した失態をよくよく存じている。だからこそ、控えめな態度がいつも堅実性と結びつき、彼女はいつしか、自身が豊穣の名を戴した。自身の内部が、実りあるモノにならなければ、何一つ手に入らないことを彼女は知ったのだ。

昔、赤い糸と短剣を渡した男の真実は、成功しない男の成れの果て。

今、自分の周りを固めるのは、成功していく男と、そして堅実で謙虚な人たちばかり。居心地いいのはどちらなのか。アリアドネにはすぐに分かる。テセ ウスには全部渡さなかったあの赤い糸の残りは、きっと、次なる場面に自分が進んで行く為に必要な、絡まない運命の赤い糸だったのだ。

自分の人生の中で、窮地や迷いが生じる時に、導いてくれる赤い糸。そして、ドラスティックな展開を彼女に見せてくれる赤い糸。

 

女神の真意を知り尽くした彼女は、幸せ感に包まれた。

 

女神アテナはそれを見て、「娘って大変よねぇ。嫁がせるまでが、一大行事だわ。もう、結婚式まで気が気じゃなくって。」と、女神ヘラと女神アフロ ディーテに愚痴ったという。女神ヘラはそれに対し、「馬鹿ねぇ。娘ってのは、嫁いだ時からが勝負なんじゃないの。これからよ。子供産んで、育児頼んでくる んだから。そんな愚痴を言う前に、体力でも鍛えておいたら?」と笑って返す。女神アフロディーテは、くすっと笑ってこう言い返す。

「女って、どこがつみポイントかしらね。アンチエイジングの時代なのよ、これからは。」

女神アテナは、まだ残っている娘達を堅実に育てていく為に、ちょっとため息を漏らし、ゴクっと目の前の、スタバ特製神々の飲み物サクラネクタルを、飲み干してこう言った。

「まだまだ、世の中、若い子が残ってんのよ。私やってくるわ。んじゃ、お会計、これでお願い、次の保護者会に出てくるから先に行くわね。」

 

 

さて、話はこう終わるのだが、堅実な少女を一つ作る為に、どれ程の親が苦労するかという話ではない(笑)。

それを言ったら、どこの親も、大なり小なり悩みはあるもんだ。とびっきりに、清い子であれば、狼たちは更に上を行く話し方で、常に娘の前へ進む気をそらす。

しかし、不幸な目にあったと嘆いたアリアドネが掴んだ道は、堅実な、賢妻良母。それが、本当にアリアドネにとって、いい道かどうかは、また別で、成功しない男についていって、破滅したかったと漏らす娘の、浅はかさよ(苦笑)。

破滅は、女にとっても、魅力的。若い女なら、なお更に、破滅と刹那は、大好きなスイーツアンドスパイス。

そんな中で、掴んだいわばテンプレのような幸せの中で、アリアドネがどう思うのか。神は一生神だけれど、人間である自分が受け取れる年金が転びそうな時代。破滅して、自堕落な生活も、また魅力的。

 


「アリアドネモチーフの指輪を付けると、見失った赤い糸の先を見付け易くなる」

 

 世の中の迷える人。自分の過去のテセウスに、気前よく赤い糸巻きを全部プレゼントしちゃった人。自分の赤い糸をしまっておいた場所を忘れちゃった人。アリアドネにたどり着けば、あなたの赤い糸が戻ってくるかも。そして、なくしたと思っていた赤い糸が見つかるかも。なんせ、この赤い糸、あなたの運命の中で、迷宮にはまっ て、抜け出せなくなったところから、あなたを助け出してくれる。絡みつかなく、導いてくれる。


それじゃ、今度の連休、あなたも、探しに行ってみたらどう?出逢えるかどうかは、あなた次第。



真夜中のアリアドネ(1)
霜月かよ子
講談社
2013-01-15






    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ